上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
2008年1月4日金曜日

 夫は日帰り出張。で昼はのんびり。
 茶道をしたいというので、着物を着て、お茶をたてる。NHKの、にほんごであそぼ、で見ているからだ。そして、この際とばかりに、おかあさんといっしょで見た盆踊りを踊ったり、歌舞伎のキメ『おっかさん』をしてみたり、『知らザア言って聞かせやしょう』、『がってん音頭』など、オンパレードで披露、ビデオに撮る。後日いい思い出になるだろう。
DSCN1551.jpg

 太郎と次郎に、それぞれのへその緒を見せた。興味深そうに、匂いまで嗅いだ。フランスでは取って置く習慣がないので、出産後夫にしつこくやめてくれと言われたが、隠し持っていて良かった。
たまたま一緒にタツノオトシゴもしまってあったので見せたら、子供たちはもっと大喜び。海の図鑑で調べてみる。ついでに他の魚も。お魚カルタをしているので結構興味があるようだ。図鑑を見ながらかるたの文句がやめだかの歌が自然に出てくると楽しい。

日本語の授業
暗誦
 春望 国破れて山河あり・・・ 新
 太郎は一人で暗誦したいというので家族の前で披露。ほとんど覚えた。
 春は曙 復習
 夏は夜 復習
 秋は夕暮れ 復習
 冬はつとめて・・・新
 トイレに「がらぴい」の歌詞を貼ったら、やはり読んでいた太郎。
習字
 今日は次郎だけ、『た』。
 水書きのみでお稽古。
復刻版 お魚かるた 奥野カルタ店
 12枚
みんなあつまれもりものカルタ 永岡書店
 12枚
百人一首
 太郎は慣れてきたので、よくとれてご機嫌。
 次郎は取り札も読めないので、位置で暗記は3枚が限度か・・・と思いきや。偶然か、聞き覚えがあったか、上の句の途中で、しるもしらぬもおおさかのせき、をとる。
 昨日と同じ12枚
手遊び
 大きな栗の木下で

 めだかのがっこう

 えがおがだいすき1月号
 こどもちゃれんじ すてっぷ2006年1月号の光の屈折のいろいろな実験。
 用意するもの、作り方、遊び方など、すべて太郎に読ませて行ったので、かなり時間がかかった。
 字を読む、が、文を理解する、のにつなげるのがむづかしい。
 口が達者過ぎる?ので、五文字くらい読んで後の言葉や文章を適当に作って言ってしまう傾向大。読むのが面倒くさいのだ。もっと読みを強化すべきか否か?
書き方
 日本の幼稚園の園長先生と、それぞれの担任の先生方と、クラスのお友達に年賀状を書く。
 太郎は名前を平仮名、漢字で書く。その他の言葉をなぞり書き。
 次郎は平仮名の名前をなぞり書き。
 太郎の鉛筆の持ち方矯正。つい小指が出てしまう。
就寝前の読み聞かせ
 「窓ぎわのトットちゃん」 黒柳徹子 校歌
2008.01.04 Fri l 授業日記 l COM(2) TB(0) l top ▲

コメント

まゆのさま、コメントありがとうございます
お仕事を始められてお忙しいところ、きてくださってありがとうございます。やはり、日本語の先生ですか?
直喜が今年の9月小学校に上がるまでしか、こんなこともできないと思います。それまで、大いに子供たちと楽しみたちと思います。その後は・・・やはりほそぼそと・・・でしょうか。
2008.01.05 Sat l garapy. URL l 編集
おめでとうございます。
 相変わらず、高度なことをやっていて毎回感心します。すごい才能の有るお母さんですね。なかなか家でここまで出来ないですよ。お子さんがたの日本語も堪能ですよね。また素直にやってくれるのもいいですよね。うちは2番目の子はチャレンジはなんとかやっています。上の子はもう日本語の本は読まなくなってしまい、補習校の宿題のみ音読、作文などをやっています。ほそぼそとでも日本語を家庭で続けて行きたいとは思っています。
2008.01.05 Sat l まゆの. URL l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://garapy.blog33.fc2.com/tb.php/61-06b09c74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。