上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
2008年12月18日 木曜日

朝の体操

朝のお仕事
太郎は日課の漢字の読みと書き

次郎は線結び
 「カタカナわからないから振り仮名振って」と頼んできたが、「ダメー」と言ったら対応表を見ていた。
 その後、同じ色で書いてあることに気付いたらしく、「簡単だよ」ですって。
P1090721.jpg



 子供たちを学校へ送って行く。
 支度をしなければいけないのに、いつまでもふざけていて、次郎は眼鏡と先生とお友達へのプレゼントを忘れる。
 部屋に取りに行く間が無いほど、遅刻ぎりぎり。

 私は家に戻ってすぐに又学校に来るため、気持ちに余裕が無い。
 その時に限って、教室の出席ボードに「名前の札を貼るのを見て」と言う次郎。
 「今日はお母さんスケートに行くから時間が無いから、だめ。今度はもっと早く支度してね。」


スケート
 学校発9時半、バスで10分強で、市街にある冬の仮設リンクに到着。

 インストラクターからの挨拶と、装備の順序の説明。 
 説明は大人しく聞いていた子供たちだが、殆ど一人で支度はできない。これを見ると、うちの息子達が一人でできないもの無理ないのかあと思わせられた。
 膝、肘、手のプロテクターとヘルメット、スケート靴。スキーウエアを着込む子もいる。太郎には防水パンツを普通のズボンの上からはかせた。上はスキーのジャンバー。
 子供21人に、付き添い保護者が5人と先生一人、インストラクターが一人。40分くらいかかって、装備完了。

 インストラクターからの約束3つ。
 人を押さない。転びそうになったら人につかまらずに一人で転ぶ。転んだら手を引っ込める。

 氷の上に出たのが、10時半。
 まずは転び方、立ち上がり方の練習。
P1090733.jpg


 それから、初心者は手すりにつかまって前進。
 経験者はまん中で自由に。
P1090742.jpg

 次に、滑らずに鴨のように歩く練習。
 いい調子でやっていたが、転ぶことも。太郎がインストラクターに何か言っている。
 転んだ拍子に、手の上を友達に滑られてしまって痛いと訴えたのだ。
 リンクから出て手袋を取ってみると、左手の親指のつめの際が少し切れて血がにじんでいる。たいした傷ではなくてよかった。
 スケート場の係りの人に消毒して絆創膏を貼ってもらって、リンクに戻る。


 スケートは正味30分。
 終わって着替えが15分、学校着11時半、給食の時間。



 本調子ではないので、寒くて、家に戻ったらどっと疲れて少し寝る。



 注文してあった、アンコウの肝をスーパーへ取りに行き、インターネットで調べてアンキモを作る。
 チュニジアではよくカールフールの魚屋にパックで出ていたので、煮付けにして食べたが、ここでは見ないので先週聞いてみた。3キロからの注文なら取り寄せますとのこと。
 それが昨日入荷していたので、早く調理してしまわなければいけない。
 3キロで20ユーロ。安い!
 作り方は簡単。
 下処理をして、すのことアルミニウムで巻いて、20分蒸すだけ。
P1090756.jpg
 でもこの下処理が結構面倒。 
 蒸し時間20分が終わらないうちに、お迎えの時間。





帰宅
 太郎は学校の宿題と
 朝のお仕事の終わらなかった分を仕上げる、
P1090757.jpg




太郎の工作
 サンタの両手をつなぐと鼻の灯りがつく仕組み。
 学校に持って行った乾電池と豆電球、そして、空き箱などで各自が作った。
P1090763.jpg
 嬉しそうに「赤鼻のトナカイ」を歌う次郎。
 でもこれはサンタさんよね。





次郎の絵とお話
 「きつねびがひかりました。ゆうがたうみにいきました。」
 大きい人間を指して「これは誰?」と聞いたら、
 「次郎」
 小さい人間を指して「これは誰?」と聞いたら、
 「遠くに行った次郎」
 遠近法が使えるの???と驚く母馬鹿。
 P1090779.jpg

作品と一緒にツリーの横で。
P1090795.jpg

作品とシーサーと。
P1090802.jpg




カルタ
次郎
P1090755.jpg
日本と世界の名作おはなしかるた


太郎
P1090809.jpg
98部首カルタ 98部首カルタ (漢字がたのしくなる本教具シリーズ 3)
(1993/04/15)
宮下 久夫





 夕食はアンキモの鍋。
 このお玉を見て、「うつくしい~」と感嘆する二人。
P1090811_20081219060248.jpg





 寝る間際に、単語カードを入れる箱がいると言い出す太郎。
 私が探し出す間、音読
ゆうたくんちのいばりいぬ・ゆうたはともだち (あかね書房の大型絵本)ゆうたくんちのいばりいぬ・ゆうたはともだち (あかね書房の大型絵本)
(2007/07)
きたやま ようこ



名前を書く。
P1090812.jpg

次郎も音読
P1090817.jpg
「今日は次郎が太郎より難しいのを読んでるじゃない」、と言うと得意そうで、長かったけど最後まで。
ぎゅうぎゅうかぞく (ひまわりえほんシリーズ)ぎゅうぎゅうかぞく (ひまわりえほんシリーズ)
(2002/09)
ねじめ 正一つちだ のぶこ





読み聞かせ
 明日、移動図書館の本を返さなくてはいけない。まだ読んでいない本が6,7冊もあるが、夫はいない。
 仕方が無いので私が読んであげる。
 フランス語の本ばかり5冊くらい。



今日一番楽しかったこと
 太郎はスケートをしたこと。
 次郎は難しい本が読めたことと、お母さんに本を読んでもらったこと。

2008.12.18 Thu l 授業・生活・フランス・レシピ l COM(3) TB(0) l top ▲

コメント

そっかぁ
カールフールはフランス産だったんですね!失礼しました~(^_^;)日本にもあると聞きました。世界に進出してるスーパーなんですね。マレーシアで海外発のスーパーといえば、カールフールとかTesco、日本からだとJuscoとSogoがあります。フランスにも色々あるんでしょうね。
2008.12.22 Mon l daruma. URL l 編集
darumaさんへ
たいした怪我でなくてほんとによかったです。でも、手袋の上からでも怪我するのですね~

カールフールはフランスのスーパーです。お料理上手なんてとんでもない。食いしんぼうの意地で、筋や血管などを取りました。手がずっと臭いです。
2008.12.19 Fri l garapy. URL l 編集
楽しそう♪
スケートの授業、楽しそうですね♪でも太郎君、大丈夫でしたか?手の上を滑られたって、聞いただけでもゾッとします・・・。でもリンクに戻れてよかったですね(*^_^*)
チュニジアにもカルフールあるんですね。あれはどこの国のスーパーだっけ・・・。マレーシアにもあってうちらよく利用してます。アンコウの肝のお料理、やっぱりgarapyさんはお料理上手なんですね。下処理とかが面倒で苦手な私はなかなか料理上手にはなれません(>_<)
手作りの飾りの前のお2人、可愛いv-10
2008.12.19 Fri l daruma. URL l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://garapy.blog33.fc2.com/tb.php/474-79534cd4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。