上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
12月20日木曜日

 次郎は二週間ぶりに幼稚園へ行く。喜んで行き、喜んで昼帰ってきたが、疲れたようで昼食を食べてすぐ12時半には昼寝、2時過ぎに起きる。

 明日が、クリスマス休み前の幼稚園最終日。ますます寒いが、今日のラヴァルはいい天気だった。
 常なら子供たちは、朝8時には「まだ夜なの?」と聞くし、昼でも「もう夕方なの?」と聞き、「そうだねえ、夕方みたいな空模様だけど、まだ昼よ」という受け答え。チュニスは東京と同じ緯度にあったので、こういう北国の日の短い冬を、物心ついてから経験していない。考えてみれば、次郎は3年半の人生のうち2年半をチュニジアで育ったのだし、太郎にしろ現在5歳になるまで人生の半分をチュニジアで過ごしたのだ。
 仲良しのマチスが、太郎のフランス語の間違いを直してくれるらしい。気の合ういい友達がすぐにできて本当に良かった。

 家も片付き始め、体調も整いつつあり、次郎も幼稚園へ行き、一人になれたので、今日は運転免許試験のための交通の教則の勉強をし、パンを焼いた。
チュニジアに渡った3年前から比べると、ホームベーカリーもメジャーになっているようで、パン粉もいろいろ種類が出ていた。ブリオッシュ用の粉を買って、できるだけ日本の食パンの触感に近くて、しかもダイエットになるものを目指す。はじめは袋に書いてあるとおり、そのままのブリオッシュをつくってみる。オーブンもちゃんとしたものを使えるので、発酵機能までついていて、焼き具合も良く、上出来。明日焼く分を、このブリオッシュの粉に、チュニジアの全粒雑穀粉とフランスの押し燕麦(チュニジアでは高くて手が出なかったが、フランスでは安い!)を混ぜて捏ね、冷蔵庫で低温発酵。
 ビーフシチュー用肉をマリネして冷蔵庫へ。

日本語の授業

暗誦
 春は曙 復習
 夏は夜 復習
 秋は夕暮れ(新)
 吾十有五にして 復習
 学而 学びて時にこれを習う

自作かるた
 目、眼、涙、新幹線、団子剣、ロボット、胃、
 汗、腹、海苔、牛乳、爪、梨、足、眉、肘、玉葱、虫歯、爆発

日本のことわざかるた ポプラ社
 15枚くらい太郎が読む

就寝前の読み聞かせ
 三好達治詩集 野村四郎編 
 『土』 蟻が 蝶の羽をひいて行く ああ ヨットのやうだ
 『雪』太郎を眠らせ・・・
 『落葉松』 からまつの林を過ぎて・・・ 北原白秋
2007.12.20 Thu l 授業日記 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://garapy.blog33.fc2.com/tb.php/46-840dfec1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。