上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
2008年12月5日 金曜日 晴れ

すごく笑えたフランス小話
 昨日のニュースより
 パリ近郊の高速道路の照明の部品が大量に盗まれる。(それじゃ、まるでチュニジアと同じじゃない・・・)
 インタヴューを受けたドライバー達は一様に「暗くて危ない、怖い」と答えていた。
 統計調査の結果によれば、壊されて照明が少なくなってから事故が断然減ったという事。
 ドライバーが速度を落とし、慎重になるからだろうとの予想。
 この事例をもとに、主要都市部の高速道路での照明を削減する方針。
 怪我の功名ってことかな?



 太郎が朝起きると、2ユーロ硬貨と歯が封筒に入って枕の下にあった。
 歯のお金を貯める貯金箱が欲しいと言う太郎。
 鼠に歯を売ってお金をためて、老後の歯を買う・・・?

朝の体操
 太郎だけ


朝のお仕事
みんなあつまれのりものカルタでひらがな五十音表並べ
 次郎は私と一緒にあ行あ段の枠を作ってから始める。
 次郎が平仮名を言って、私が「かきくけのけ」と言い、私が並べる。
 最後の方は、だんだん何行か言えるものもあった。
 最後の5枚だけ次郎が並べる。達成感を持たせるため。
P1080930.jpg



 太郎は悠長にやっているので、パパからも発破をかけられる。
 やはり15分くらいかかって完成。
P1080931.jpg

 ホンの一足早く終わった太郎は次郎を助ける。
P1080933.jpg

 次郎の大好きな歌「黒猫のタンゴ」の歌詞を全部読めて、喜んでいた。
 実は一ページ目の一番を読んだ所で、「全部読むの?」と挫けそうになった時、パパが横から「すご~い!」と感心して見せた。そしたら俄然やる気が出ちゃって3番まで読めた。
 褒める威力の偉大さを改めて実感。
P1080936.jpg


 太郎は「共通」という言葉を辞書で調べたにもかかわらず理解していなかったらしく、カッコの中にいろいろな言葉を考えて書いていた。
 それはそれで、面白いけど。
P1080937.jpg
 東京都北区立滝野川第四小学校 のプリント。



 11時50分。夫が学校から連絡を受け、太郎が吐いたという。
 車で迎えに行く。
 校舎の出入り口で太郎に付き添って下さっていたのはガエルという女の人。アシスタントのようだ。

 帰宅して、スメクタという胃腸薬とウルトラルヴュールを飲ませる。お腹は空いていると言ったが、ご飯を三口くらい食べて、寒いと言って寝る。


 二時間ほど寝て起きて、食べることも無く、昨日のダーウィンの続きを見たがるので見せる。


 次郎を迎えに行って、移動図書館に本を返す20分くらいの間、家で寝ていてもらおうと思ったのに、具合が悪いので心細いらしく、一人で留守番できないと言う。
 急遽、セーターを着せて、車に積んで、駐車場の車中に残したまま、次郎の教室まで走って往復。
 三人で車中、エンジンをかけたまま待っていると、図書バスが来たので、次郎と一緒に行って返却し、手当たりしだい18冊借りた。中に、英語やスペイン語が混じっているのを教えてくれたので、笑って差し替える。
 家に戻り、太郎はベッドで眠る。


 次郎はピンピンしている。
 今年の牡丹、あぶくたった、など一通りした後、
 クリスマスの飾りを作ることにする。
 車庫のどこかにあるのだが、まだ工事中で見つかる可能性はないからだ。
 太郎が突然起きてくる。
 すっかり元気になっていて、一緒にクリスマス飾りの工作をする


 カルタを出してから延々、箱をいろいろな向きにひっくり返して、読めるところを読み、平仮名の順番を入れ替えて読んだりして遊んでいた。
P1080938.jpg


 なぜか突然逆立ちをして見せる。もう少しで出来たと本人は主張するのだが、全然出来ていない。ビデオに撮って本人に見せるが、もう少しだといってきかない。
P1080942.jpg



読み聞かせ
 パパにフランス語の本を2冊読んでもらう。
 私が印刷したお正月の話を読もうとしたら、「またそれ~?ご本を読んで欲しいの」と言う。
 「じゃあどれを読んで欲しいのか持ってらっしゃい」と言うと、次郎はキンダーブックの雑誌を持ってきて、自分で全部読んでしまった。
P1080947.jpg
P1080983.jpg

 太郎も自分の雑誌を持ってきて、途中まで読み、私が交代する。
P1090068.jpg
P1090080.jpg
 そんなこんなで、結局小一時間ベッドで読書。
 就寝は9時になってしまった。



今日一番楽しかったこと
次郎
 おやつを食べながら、お母さんが太郎の病気のことをお話ししてくれたたこと。
 おかあさんと今年の牡丹とあぶくたったをしたこと。

太郎
 病気が良くなったこと。


2008.12.05 Fri l 授業・生活・フランス l COM(2) TB(0) l top ▲

コメント

darumaさんへ
一日寝たらすっかり直ってほっとしました。胃腸の風邪だと一週間くらいは長引きますものね。

パパから褒めてもらうのは又更に一味違うみたいです。

移動図書館は二週間毎に学校の前に来てくれるので、出不精の私にはとても助かります。実は図書館自体は行ったことが無いのです。
二週間ごとに18冊読むことになるのでよかったと思います。
日本語の本はこうはいかないのが残念です。
2008.12.08 Mon l garapy. URL l 編集
太郎君、回復したかな?
子供吐いたと聞くと心配ですよね(>_<)太郎君大丈夫だったかな?でも読み聞かせを自分でしちゃう所がまたすごいですねv-237パパの褒め言葉も効いた様で、子供は褒めて育つってのよく分かりましたv-218移動図書館、よくお話に出ますが、毎週なんですか?どうもここでは図書館自体あまりないので、羨ましいです。日本ではよく利用してたのですが。
2008.12.08 Mon l daruma. URL l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://garapy.blog33.fc2.com/tb.php/459-36a0602a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。