上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲

 子育て・言葉育てのみかさんに触発されて、なぞなぞやクイズを初めて作ってみて気がついた。
 例えば、「達磨」という答えを言わせるのに、いろいろな角度からのアプローチがあるのだなあと。
一、子供の辞書を元に作る。
二、日常の生活絡みで考える。
三、大人の辞書やインターネットで調べて起源を説明する。


 と言うわけで、拙いながらも、お正月クイズを作ってみました。
お正月クイズ訂正版
(12月2日訂正) 

 ここをクリックして開いてから、ページというところでワードに書き出して、縦書きにしたり、その他、お好きなようにアレンジできます。

2008.11.27 Thu l 我が家の教材 l COM(2) TB(0) l top ▲

コメント

darmaさんへ
振り仮名は自分で手書きで入れます。なにしろ、私パソコンに弱いのです。その上なるべく教科書体を使いたいけど、無料版を使っているので足りない漢字は明朝体で、振り仮名入れるのも一苦労なのです。
年齢やその子の興味などによって、質問の仕方をアレンジしてあげた方が気に入ってもらえると思います。
うちは、これを籤にして引かせます。
縦書きに印刷して、一問一答を組にして切り離し、問題と答えの間を折るだけです。
次郎には読んであげます。
太郎は自分で読むと言います。
正解したら、手に判子を押してあげます。
2008.11.29 Sat l garapy. URL l 編集
日本語ってすごい
↑って思いました(*^_^*)
お正月クイズ、日本に住んでいる子供達も全問正解なんてできるかな?とふと思ってしまいました。漢字もあって色々な言い回しがあって、日本語ってほんとに難しいのかも。うちの息子はどこまで答えられるのやら・・・???
2008.11.29 Sat l daruma. URL l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://garapy.blog33.fc2.com/tb.php/445-bdc1bf63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。