上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
2008年11月19日 水曜日 一瞬の晴れ間もつかの間、しとしと曇り
水曜なので、学校・幼稚園は定休日

 昨日、いつまで経っても校舎から出て来ない太郎。
 最後に先生と一緒に出てきた。先生にも「お母さんたちが待っているんだから、早くしなさいって言っても、下に落ちた紙くずなどまだ拾ったりしていて、いい子ですけど、やっぱり、ちょっと遅いですね」と言われてしまった。
 太郎に、「先生にも遅すぎるって言われたでしょう。」と言うと、
 太郎「先生はー、遅すぎるって言ってないよ、少し遅いって言ってたんだよ
 「少し遅いって言うのはそれで良いよってことだと思うの?そうじゃなくて、遅いから早くしなくちゃダメってことよ」

 最近、太郎が遅いのではなく、私がせっかちなのかな、と思う部分もあったので、太郎に「遅いのはいいけど、遅すぎるのはだめなのよ」と口を酸っぱくして繰り返しているところだった。
 一般的に日本人に比べてのんびりしたフランス人に言われちゃうんだから、こりゃ遅いのだ。


 太郎のクラスには落第して一年生を二年目の子がいる。
 「あんまり遅いと、太郎も一年生の勉強が全部終わらないから、あの子のように、来年もまた一年生をやりなさいって言われるのよ」
 太郎「ちがうよ。あの子は横の人の答えを見て書くからもう一度一年生をやるんだよ」
 「あら、そうなの」
 「隣の人のを見て答えを書くと、隣の人が間違えたら自分も間違えちゃうからそれじゃ全然ダメよ」
 太郎「先生もいつもそう言ってる」
 「とにかく、なんでももっと早くしなくちゃいけないの!」



 最近太郎は、いりもしないのに枕をして寝ている。その証拠に、眠っている太郎は、絶対に頭を枕から外している。
 枕は抜けた歯を下に入れるためなのだ。まだぐらぐらしているだけだが、今から準備すると言う訳だ。
 フランスでは、抜けた歯を枕の下に入れて寝ると、寝ている間にネズミが来て歯と交換に硬貨を置いていくという話だからだ。



朝の体操
ばあばの送ってくれた朝の体操ビデオ
ラジオ体操第二

 大きな声で歌おう!
 youtubeで 「トレロカモミロ」や 「鉄腕アトム」なつかしい童謡・唱歌・わらべ歌・寮歌・民謡・歌謡も参照。



朝のお仕事

 太郎、漢字の書き
P1080189.jpg

 音読
P1080191.jpg

 漢数字の読みが弱いことを発見
P1080193.jpg

P1080194.jpg

P1080201.jpg

 次郎
P1080196.jpg






洗濯物を畳む
本の整理


次郎暗誦
 私が洗濯物を干す横で、ノート無しで覚えているのをいろいろ復習。
 「雨ニモマケズ」は私と一緒に。
 宮沢賢治という「セロ弾きのゴーシュ」を書いたのと同じ人と教える。



読み聞かせ
 「さるかにがっせん」
 「ちょうになったぞう」


お芝居
 「三枚のお札」
 役を替えて三回した。
 耳まで裂けた口から、赤い舌をベロベロ出して、包丁を研ぐ山姥
P1080202.jpg

 怖い山姥すぐ後ろ。
 お札を懐から取り出し、高い山になれ。
P1080207.jpg

 川をじゃぶじゃぶ泳いでわたる山姥
P1080209.jpg



次郎とかくれんぼ
 

太郎と将棋


お昼寝


 今日の餃子は穴あき。
 挽肉を解凍して急いで作ったので、お花模様にするのには数が足りなかった。
P1080214.jpg


太郎音読
P1080219.jpg
でんき (小さいかがくの本 1)
 太郎「銅って何」と聞くので、金銀銅の説明をする。
 鼓膜って・・・という話で、チュニジアにいた頃、子供たち二人とも両耳の鼓膜を切開して膿を吸い取った話をする。
 耳元でふざけて叫んだりすると鼓膜が破れると注意する。
P1080221.jpg





 次郎は勝手に本の題名を写し書き
P1080222.jpg



 今日は余裕を持って着いたので、極力自分たちで着替えさせる。

P1080243.jpg

 太郎の小学生組のサンダルの乱雑さが気になったので、次郎に揃えてもらう。
 先生が気付いて、次郎に「君がやったの?」。「はい」と答える次郎に、お利巧でびっくりした、という仕草をして見せた。
P1080287.jpg
 太郎の小学生組では、稽古の最初に、先生が、太郎に何か仰ったが、要領を得ないらしく、私に、太郎の柔道着に書いてある名前の漢字を指して、「これは日本語ですか?」
 私「そうです。」
 先生「彼は柔道の歴史を知っていますか?」
 私「いいえ、まだ全然知りません。」
 それから、皆の前で、先生は柔道の歴史を簡単に説明した。
 太郎はそっぽを向いていて聞いていたんだかどうだか・・・?
 その時、「フランスではこれをキモノと言うけど、本当は日本語ではキモノは女の人の服のこと・・・ですよね」、と私の方を向いて相槌を求めるので、肯いておいた。先生は満足そうに、「本当は柔道着というのだが、まあフランスではキモノで通っている。」
 その後、何という言葉だったかを先生は日本語で言ったが、太郎がすぐに訂正したので、先生も発音し直して、太郎にありがとうと言っていた。


 皆の前でやりたい人、と言われて、手を挙げてやってみた太郎とその相棒。
P1080300.jpg

 「一本」、とか、「待て」、とか合図を習った。
P1080395.jpg

 今日は太郎も次郎もわりと強かった。
 でも、太郎は慣れて来たのか、おちゃらけて友達とおしゃべりしていたり、ふざけたりするのが目に付いた。
 帰りにその旨を叱る。
 柔道着がはだけてもそのまま知らん顔なので、稽古の間合いに身なりを正すように言う。
 でも、まだ、帯をすばやくきちんと結べない。
 帯だけ腰に巻きついていても、それに柔道着を突っ込んで直したりできない。
 強くなるためには・・・と、着替や畳み方を家に戻ってタイマーをかけて練習した。
P1080402.jpg



四字熟語
P1080405.jpg
にほんごであそぼ 四字熟語かるたにほんごであそぼ 四字熟語かるた
(2008/01/25)





食育カルタ
P1080411.jpg



ビデオ
 ドラえもん
2008.11.19 Wed l 授業・生活・フランス・レシピ l COM(4) TB(0) l top ▲

コメント

ないないな~いさんへ
そちらもストですか。
私は自分が日本育ちなので、3歳から小さい子が四時まで拘束されているのは、なんだか涙ぐましい気がしてしまいます。水曜休みは本当に救いです。幼稚園の休み時間も先生は子供と遊んだりしないんですよ。
2008.11.21 Fri l garapy. URL l 編集
驚きました。水曜も休みなんですか。一日の授業時間は長いですね。こちらは休日の少ない秋は頻繁にストライキで学校はお休みになっているし、授業も昼13時ごろには終わっています。みんなそのあと塾に行っています。国によってかなり環境に差がありますね。フランスはよさそうに思います。
2008.11.21 Fri l ないないな~い. URL l 編集
ないないな~いさんへ
こんばんは。
今、フランスは毎週水曜と土曜が休みです。3歳から毎日8時半から4時半なので、水曜に中休みが入ると、小さい子供達は特に休まりますね。
太郎は日常的なことは何とか日本語で言えるのですが、今日、学校で豆電球の実験をしたらしく、それは単語を一つ一つ教えてあげなければ説明できませんでした。このように、学校へ上がって勉強が進むにつれ、日本語がフランス語に遅れを取るのは当然ですよね。そこをどこまでフォローできるか・・・?
本だけは代替できないので、なるべく古本ですが、できるだけ買うようにしています。
2008.11.20 Thu l garapy. URL l 編集
こんにちは。
フランスでは水曜日は学校が休みなんですか??

太郎君との会話、先生と太郎君のフランス語の話をお母さんと話すときは日本語で伝える。すごいな~って思いました。

garapyさん家には、たくさん日本語の本がありますね。私もこの間バザーで20冊くらい買ったのですが、もっと買うべきだったかなと後悔しています。
2008.11.20 Thu l ないないな~い. URL l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://garapy.blog33.fc2.com/tb.php/433-e3f88a75
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。