上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
2008年11月12日 水曜日
学校・幼稚園は定休日。

朝の体操
 ラジオ体操第一・第二。
 大きな声で歌おう!
 youtubeやなつかしい童謡・唱歌・わらべ歌・寮歌・民謡・歌謡で、
 「トレロカモミロ」
 「鉄腕アトム」



朝のお仕事
 次郎はぴぽっとのハサミ遊び。
P1070548.jpg


 太郎は
 漢字プリントの残りを仕上げて、「風林火山」のなぞり書きの「動かざること山のごとし」をなぞる。
P1070549.jpg


 「歩」を練習して、
P1070551.jpg


 「蜘蛛の糸」のなぞり書きを終える。
P1070552.jpg


 ま、み、む、め、もで始まる詩の清書。
P1070554.jpg
 下書きを自分で読み間違えていたので、下書きを自分が見やすいようにきちんと書くことを教える。
 下書きは、清書の時に見て書くために、自分で作るお手本だと教える。


 自分で見直し、間違いを直すことの重要さを教える。
 大人になった時に、きちんと仕事ができないと困るという、具体例を上げて説明する。


 書いて消せるなぞり書きのクリアファイルを、このファイルにまとめる。
 探しやすく、半頁の大きさに折れるので、使い勝手がよさそう。
 この手のファイルはフランスでは見当たらない。
P1070556.jpg




お手伝い
 洗濯物をたたむ、しまう。
 掃除機かけ、
 ホワイトボードと黒板の清掃。
 床モップでベッドの下を掃除をする。
 汚れが取れない部分は、濡れ雑巾でこする。


 ストレッチ

 素振り


 10時半から1時までお昼寝。
 昼食後、次郎がお買い物ごっこをしたくて持ってきたので少しする。



 修理に出した車がまだ直って来ないので、初めて自転車で柔道に行ってみる。
 サイクリングコースではないし、下見もしていない。時速70キロで大型ダンプなども走り抜ける道のガードレールも無い歩道など、危なっかしい道も多く、ハラハラのし通し。


 太郎と次郎が組んで練習。
P1070660-1.jpg


P1070721.jpg



 帰り道、次郎が遅い。
 やはり疲れているのかと、良く見ると、次郎の後輪がパンク。
 これでは走れない訳だ。
 夫に電話して、迎えを頼む。
 とりあえず家に向かって歩いているうち、たまたま通りかかった大型スポーツ用品店へ行くが、その場で直してくれない。もうすぐ閉店時間だからだ。
 大体フランスはパンク修理をしてくれるような自転車やさんがない。

 お助けマンの夫が店内に来て、タイヤのチューブを買い、子供と自転車二台を積んで帰ってくれる。私の自転車は積めないので、私は一人自転車で帰る。
 店を出たら真っ暗。パンクが無くても、これでは、四、五歳の子連れで自転車は無謀だ。
 パンクがなければ、今日なら日暮れまでに家に辿りついたかもしれない。
 でも来週は、もっと日が短いはず。
 道場への行きはよいよい帰りは・・・どうしよう。
 いずれにしろ、これから自転車で出かける時は、パンク修理セットとその技術を持って出かけなければいけないということか。


2008.11.12 Wed l 授業・生活・フランス l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://garapy.blog33.fc2.com/tb.php/423-7297adeb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。