2008年11月11日 火曜日
フランスは第二次大戦終戦記念日で祭日

朝の体操
 ラジオ体操第一・第二。
 大きな声で歌おう!
 youtubeやなつかしい童謡・唱歌・わらべ歌・寮歌・民謡・歌謡で、
 「トレロカモミロ」
 「鉄腕アトム」



朝のお仕事

太郎は、Leeのきょうざいかんのプリント
P1070330.jpg


文章読解
 この前と同じ文章と問題をやる。
P1070331.jpg
P1070332.jpg



 ま、み、む、め、もで始まるP1070543.jpg



音読、論語、学而を、次郎は少し、太郎は前編


 太郎、名文抜粋なぞり書きの続きを終わらせる。
P1070542.jpg
P1070537.jpg




 ばあばとウエブカムしながら、
P1070333.jpg
P1070334.jpg





 晴れたからもちろん、
サイクリング

 ジャガイモ畑
P1070336.jpg

 高速道路の上を通過
P1070337.jpg

 上り坂はカメラマンも辛いです~
P1070339.jpg

 それに比べて牛たちときたら、気楽なモンデス~
P1070343.jpg

 クロスカントリーコースへと突入!
P1070345.jpg

 昨日より坂が険しく、皆注意深くなっている。
P1070360.jpg

 山道を抜けたら、フランスの田舎道。
 左奥に見える教会の村を目指してみよう。
P1070388.jpg

 起伏が激しい。
P1070393.jpg

P1070399.jpg

 村に到着。
ソシソンと自家製パン、手作りクッキー、林檎のおやつ。
P1070409.jpg

 村役場の正面は鏡張り、向かいに移るのは、切れ切れの教会。
P1070427.jpg


 その、村の小さな教会を見学してみる。
P1070423.jpg

 入り口入って左に螺旋階段
P1070440.jpg

 誰もいないので、うちの子連れでも気兼ねなく見学や説明???、撮影ができた。
P1070441.jpg

 次郎が見入っていたのはこの彫刻画。
 戸外のいたるところに十字架を見つけるので、キリストと十字架の話に少し興味を惹かれるらしい。
P1070442.jpg

P1070445.jpg

P1070446.jpg
 子供にいろいろ質問されても、ろくに説明できない両親であった。
 なにしろ、何度も聖書に挑戦しても、アブラハムの息子のイサクの息子の・・・・という最初のくだりでいつもめげている私と、私が敬虔な仏教徒であるほども、敬虔なクリスチャンでない夫と言う組み合わせ。
 ヨーロッパに住む以上、文化として教養として、ある程度の知識を持たねば・・・と思うばかりで今に至る。実は、17歳の時に、バチカンで、教皇ヨハネパウロ二世と握手までしちゃったのに、それさえも動機付けにならないという信仰心の薄さ。




P1070447.jpg

 入り口の螺旋階段と反対側に、物置のようになったスペースに、木切れで作ったような十字架があった。教会を出る間際にそれを見止めた次郎
「これが本当の、十字架?」
 ちょっと、変わった十字架を見つけるたびに、この質問をしてくる。
 「本当の十字架はもう腐ってない」、とその度に答える信仰心薄き母。
 本当の十字架を求めて・・・次郎、十字架の騎士になるか?


P1070459.jpg

 工場出口注意!の道路標識。
P1070464.jpg


 あいにく、TGVが通ったところはシャッターに収めなかったが、夫に言わせれば、TGV、チーズ工場、村で典型的なフランスが凝縮されている、と。


 村の墓地の門
P1070466.jpg

 花はやはり圧倒的に菊が多い。
P1070467.jpg



 この看板は・・・?
 意味を聞いたら「知らないと」言われた。
 「大体、地名などにいちいち意味なんか無い」と、いつも夫にうるさがられている。
 でも、hanterというのは「幽霊が出る」という意味の動詞。
 だから、類推すると、「幽霊が出る所」と言うことも出来るのでは?
 なんたって、墓地のすぐ横に立っている標識なのだし。
P1070469.jpg

 出るのは、こちらの方らしいです。
P1070470.jpg



 TGV線路のすぐ向こうに見える、この石はメンヒル。先史時代の巨石遺構。
P1070479.jpg



 おいしい豚屋さん
P1070482.jpg


 豚屋さんは、「あったかパン」という名の農場
P1070484.jpg



P1070495.jpg



P1070502.jpg


 チュニジアで羊を見慣れた私たちの目に、豚か小熊かと目を疑うほど肥えたお尻の羊たち。
P1070503.jpg

 舗装道だが、車は、この農場の人しか通らないはず。
 すぐ横の草むらは濡れているので。
 ココア&蜜柑休憩。
 太郎がフクレテ、ひどく怒られ、自転車を捨てられそうになった直後なので、神妙な雰囲気。
P1070515.jpg

 でも、立ち直りが異様に早い。
P1070533.jpg


部首カルタ
 「草冠のつく漢字は?」など、時々聞く。
 カルタに書いてあるのを読んで答える太郎。
P1070541.jpg



ビデオ
 うな丼の昔話。
 ブラジルから日本の学校へ転向してきたハーフの子をめぐるクラスの話。二回目だけど見たいと、真剣に見ていた。

2008.11.11 Tue l 授業・生活・フランス l COM(2) TB(0) l top ▲

コメント

叱られた当人ではない次郎まで、道端に正座!しちゃってるんで、私も噴出しそうになりました。
カメラマンも老化防止に運動させてもらっています!
若くは無いパパママなので、子供の成長と両親の老化の競走なのです。
2008.11.12 Wed l garapy. URL l 編集
ココアタイムの写真
ココアタイムの神妙な雰囲気が伝わって,思わず吹き出してしまいました(太郎君ごめんね)。サイクリング本当にうらやましいです。子供たちにも十分体力&気力が付きそうですね☆カメラマンいつもお疲れ様です(いつもすごい!)。
2008.11.12 Wed l Jack. URL l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://garapy.blog33.fc2.com/tb.php/422-fe6ed2ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)