2008年10月24日
 昨日の朝の寒さは嘘のように今朝は暖かい。7度くらい。
 午後になっても10度を越えない、寒い一日だった。

朝のお仕事
 寝坊をして、5分くらいの間に、言い訳程度にやっただけ。
太郎
P1060557.jpg
 シールはこの前貼ったので、書こう!の続き。
 Leeのきょうざいかんより拝借。


次郎
 なぞりがきの続き
P1060558.jpg



 今朝は、初めて、早く出かけられたので、通り道の小さな公園で、ちょっぴり遊ぶ。
 おはようと挨拶をして登校する男の子が、「太郎!」と声をかけると太郎も、「ジョルダン!」と答える。
 CE2だから、3年生。
 「このすぐ近くに住んでるの?」と訊くと、「僕はクレオル」と答える。
 「そう、家はこの近くなの?」
 「フランスで生まれたの?」と訊くと、違うと言って、飛行機に乗って、アンチーユ諸島から来た話をする。
 放課後、家に帰って太郎が見せてくれたのは、そのジョルダンがくれた、たくさんのビー球だった。結構高いのにね。どうしてくれたの、と太郎に尋ねても、わからない、友達だからじゃない、といつものようにノンシャランな太郎。


 太郎のクラスでの話し。
 昨日、ナシムと言う子が、消しゴムを貸して上げたら無くした。 先生がすごく怒って、休み時間中、その子に消しゴムを探させたが見つからなかった。今日、件の消しゴムが机の上に置いてあった。


 綺麗な朝焼けに免じて、急いで構内でパチリ。ブレてしまったけど。
P1060556.jpg



 兄弟がフランス語でしゃべることが多くなってきたのと(すぐにダメ出しするが)、食事のマナーが目に見えて悪くなってきたので、昼食を家で食べさせようかと思案する。良く考えれば、一日二人で8ユーロというのも、積もれば馬鹿にならない出費だ。
 次郎の先生に、お昼寝の時間を尋ねる。
 お昼寝は給食の後、12時半から、午後の授業の始まり1時半までだそうだ。
 それなら、家に戻ったりしない方が次郎はしっかり休める。
 結局、お昼に家に戻るのは、もっと大きくなり、お昼寝の必要が無くなってからということか。


P1060559.jpg
 子供たちの作品が幼稚園の入口ホールに展示されている。
 カマンベールの木箱を使って、立つ人形を作るという指示。
 緑の豚の鼻が、次郎の作品。



 秋休みに入り、次郎も歌や詩が貼ってあるノートを持って帰ってくる。
 太郎はもちろん、宿題いっぱい
 太郎が五歳で小学校へ上がることは、昔から心配していた。
 ぼんやり、のんびりした性格、それに、バイリンガルという重荷。12月生まれという身体的ハンディ。
 でも、こうして、一学期間、一日も休まず、通うことができて、逞しくなったことを嬉しく思う。


 家に戻り、太郎が一番に見せたのは、ビー球。
 そして、二番目に封筒を破って出して読んだのは、
P1060569.jpg
 お友達からの誕生会の招待状


P1060575.jpg
 次郎も幼稚園のお勉強。


P1060577.jpg
 活字体で書いてある文を筆記体で書く。

P1060578.jpg
 筆記体と活字体の対応表


P1060579.jpg
 誕生会の招待状の表面。
 「友達っていいな!」



おまけ動画

おててはキレイ


秋の果物


狼のいぬ間に・・・


森をお散歩しましょ

2008.10.24 Fri l 授業・生活・フランス l COM(3) TB(0) l top ▲

コメント

コメントありがとうございます
ゆりさんへ
飛び級ではありません。2002年生まれの子供全てが、2008年の9月に小学校に上がるので、12月生まれの太郎はまだ、5歳ということです。
飛び級どころか、うちとしては、可能なら一級下に入れたかったくらいです。長い人生、特に、幼少期に二、三年を端折っても、得る所より失う所の方が多いように思えるので。
本当は小さい時ほど、自由な遊び時間をたくさん上げて、のんびり育ててあげたいのですが。

次郎は、フランス語はまだ読めません。暗記しているだけです。読んでいるかのような演技は玄人並?


akiさんへ
はじめまして。ようこそ来てくださいました。次郎と同じ歳の男のお子さんがいらっしゃるのですね。
いろいろ、情報交換できると嬉しいです。よろしくお願いします。
2008.10.25 Sat l garapy. URL l 編集
はじめまして
イタリアに住みもうすぐ4歳の男の子の母親です。息子は、ひらがなは読めるので、絵本などは読めるのですが、これからもっと日本語に興味を持って欲しいなと思っていた所です。楽しみながら色々と遊べる教材があるようですね。これから参考にさせて頂きたいなと思います。
2008.10.25 Sat l aki. URL l 編集
5歳で小学校に入学、ということは飛び級をされたのですよね。タビトは9月生まれ、アメリカではその学年で一番年上です。1つ飛び級して5歳11ヶ月で小学校に入学させるかどうかまだ考え中です。9月、10月生まれの子が飛び級するのはよくあるそうで、うちの主人も子供の頃そうしています。タビトは体も大きい方ではないし。。。と思ったのですが太郎君を見ていると全く問題なさそうですね。今日の日記を読むまで飛び級のこと気がつきませんでした。
 
動画は次郎君ですよね?よく似ていて^^ フランス語もスラスラ読めるのですね。すごいです、本当に。
2008.10.24 Fri l ゆり. URL l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://garapy.blog33.fc2.com/tb.php/402-0df00094
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)