上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
2008年10月22日 水曜日

 太郎が朝4時頃、怖いと言ってやってくる。
 熱があるので、解熱剤を飲ませて、再び寝る。

 8時半に眼科予約があるので、7時起床。
 太郎は相変わらず微熱。
 私は洗濯物を干し、声に出したい日本語のCDをかけておく。
声に出して読みたい日本語声に出して読みたい日本語
(2001/09/12)
斎藤 孝


 「いつお勉強はするの?」と太郎が訊くので簡単そうなプリント選んで渡す。

 次郎も遅れて起きてきて、プリントを3枚くらいやって、できたよシールを貼ったり、花丸をかいたりしていた。


 朝食を取り、身支度をして、急いで、眼科へ。
 支払う現金も小切手も忘れてきたので、お金を引き出しに往復早歩きしたため、朝から結構運動になった。

 次郎は遠視が軽くなっているので眼鏡を弱いレンズに作り変える。
 いつものショッピングセンター内の眼鏡屋へ行く。
 枠はそのままで、レンズだけ替えると、レンズの保障が効かないと言われ、全て作り変えることにする。
 1ユーロ追加で二つ目の眼鏡が作れるので、二つ作る。


 ショッピングセンター内に、この前からある、折り紙の展示を見る。
 講習会場に、先生がいて、手招きして呼ばれる。
 まだ、生徒は誰もいない。先生はカンボジア出身だと言う。
 折り紙やバイリンガルなどについて四方山話をするうちに、開講時間も近づき、ぼちぼち子供も集まってきたので、先生の指導の下、皆で折り始める。
 子供たちも喜んで、そのまま12時過ぎまで作品を三つ作る。
 セントバーナードと兎と金魚。
 フランス語で、サンベルナールと言われて、ちょっと英語に訳し直して考えてしまった。
 つまり、サン・ベルナール=セント・バーナード
P1060061.jpg




 昼寝から起きて、柔道に行きたいと言うので、行く。
 幼稚園クラスは順調。
P1060126.jpg


 小学生クラスで、準備運動に走ると、太郎がお腹が痛いと訴える。
 少し休憩して腹痛が収まり、稽古を続ける。

 家に戻り、シャワー、そして少しベッドで休息させる。
 次郎が折り紙をしたいと言うので、「明日あの先生に見せに行こうねー」などと言いながら、パンダを折る。

 太郎はお腹に来ている。
 次郎の口内炎は直ってきた模様。
 太郎も口内炎だが、次郎のように泣くほど痛い訳ではないらしい。
 とにかく早く寝かせる。
 バカンスまで後二日。



 そう言えば、昨日、次郎の疣が取れた。
 女の子が引っ張ったらしい。
 お迎えの時、先生が、「次郎君鼻から血が出ました」、とおっしゃり、
 見ると疣が消えている。
 紹介された皮膚科に予約を取ったところだった。


2008.10.22 Wed l 授業・生活・フランス l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://garapy.blog33.fc2.com/tb.php/400-0095eefb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。