上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
2008年10月20日
 この所、朝寒い。
 車や芝生に霜が降りているので、0度近いということ。

朝のお仕事 
 私が洗濯物を干したり、たたんだりする横に、太郎にプリントを持ってこさせて、歌をうたったり、漢字交じりの文の読み。


 次郎は幼稚園を休ませて、医者へ連れて行く。30分以上待った。
 口内炎。
 鎮痛剤を上げるしかないと言われる。
 ついでに鼻水が出ているので、鼻を洗う海水と鼻にスプレーする薬を処方。
 鼻の疣が随分伸びてきたのを認めて、皮膚科へ行くための処方箋を書いてくださった。

 薬局で、処方箋の薬のほかに、オメオパシーの口内炎の薬を買って、その場で飲ませる。

 図らずも、せっかく次郎と買い物に来たので、次郎のセーターを探す。
 ニットを着せると必ずと言って良い程、「ちくちくする」とのたまうデリケートなお肌に合うセーターは、このショッピングセンターでは見つからなかった。
 カシミヤ入りのスベスベしたセーターは売れ残りで十歳用しかなかった。探してもなかなか見つかるものでないので、太郎のためにと買ってしまった。値引きされていて13ユーロなので、それほど高い訳でもない。ついでにそのお店のモノプリカードを作らされる。
 面倒だなあと思いながら、住む街で顧客カードを作れば作るほど、ジンクスとして引越しが近づくような気がした。

P1050992.jpg
 ショッピングセンター内にはこんな展示が。
 折り紙の鶴。

P1050988.jpg
 「あっ漢字!」と言う次郎の声に見てみると・・・
 デザイン漢字っぽく良くできている。
 実は、AtelieR(アトリエ=ワークショップ)とフランス語で書かれている。

P1050989.jpg
 一時間の講習が四回あるらしい。
 面白いのは、「託児所ではありません」と言う注意書き。
 ここに子供を預けて、のびのびショッピングとはいかないのだ。


P1050983.jpg
 講師のアーチストは名前からすると中国人?でも、origamiと日本名をそのまま使っているのが、やはり、日本文化である証拠。



 学校から戻り、おやつを食べながら、太郎に「ビー球勝ったの?」と聞くと、
休み時間にはビー球を持っていることをすっかり忘れてて、授業中にはビー玉のことばかり考えていたまったく太郎とはこういう子だ。



 朝の寒さが信じられないほど、陽気が良いので、宿題を終わらせた太郎を、少し外に遊びに行かせる。

 この前やった、四字熟語風船垂直跳びゲームを次郎がやりたいというので、今日もやる。やり方はこちら
 今日は、四字熟語を言うたびに、私の持つ風船が徐々に降りてくるし、間違えていうと上がってしまうというおまけ付き。
 ヨーイドンも、二つの風船をぐるぐる回したりして盛り上げて、フライイングした人は、後ろ向きや這い這いでカルタまで行くなどの変化をつけた。


太郎音読
 「太陽へとぶ矢」


 件の栗はと言えば、半分くらい渋皮は取れ、重曹での煮こぼしを二回して、粗糖を入れて煮る。出来上がりは果たしてどんなモノになるか?



2008.10.20 Mon l 授業・生活・フランス・レシピ l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://garapy.blog33.fc2.com/tb.php/397-71264c34
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。