上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
2008年10月3日 金曜日 雨のち晴れのち霰

 朝の体操は寝坊でなし。

朝のお仕事
 太郎、音読
 「大漁」「偶成」
P1040763.jpg
 漢字プリント、音読、シール貼り。

 次郎はひらがなと絵の線結び。



 幼稚園お休みの次郎はお料理。

 ズッキーニを切る。
P1040770.jpg


 鳥をナイフで刺して、
P1040776.jpg

 にんにくを差し込む。
P1040772.jpg
 その後ハーブを混ぜたヨーグルトを一面に塗ってオーブンへ。


 この間のパイナップルの切れ端で、古いナプキンにぺったん。
P1040777.jpg

やさいでぺったん―わいわいあそび (かがくのとも傑作集)やさいでぺったん―わいわいあそび (かがくのとも傑作集)
(1993/06)
よしだ きみまろ



 アクリル絵の具が付いてしまった椅子をお掃除。
 気合が入っていて、ついでに太郎の椅子もお掃除してくれた。
P1040779.jpg


 次郎はばあばとウェブカムで、暗誦をいくつかご披露する。

 昼食。
 次郎はたっぷり2時間以上お昼寝。


 夕方、太郎を学校に迎えに車で行く。
 帰りに直った眼鏡を受け取る。


 金曜日はその週の学習状況を親が確認、サインする。
書き方。
P1040786.jpg

フランス語のワーク。
P1040787.jpg

P1040788.jpg

P1040789.jpg

算数のワーク。
P1040790.jpg

P1040791.jpg

P1040793.jpg

P1040794.jpg

P1040796.jpg

 学校のお勉強楽しい?と聞くと、
 太郎「うん、学校のお勉強が一番楽しい!」


 金曜は宿題も一杯。
P1040797.jpg
 詩の朗誦

P1040802.jpg
 綴り字と音声の関係。

 その他いつものように、フランス語の教科書の音読。


P1040803.jpg
 次郎もそろって夕方のお仕事。



P1040804.jpg
101漢字カルタ (漢字がたのしくなる本教具シリーズ 1)101漢字カルタ (漢字がたのしくなる本教具シリーズ 1)
(1993/06)
宮下 久夫

今日はこちらを次郎が出してきた。
 太郎「これは僕には簡単すぎるからやらない」
 次郎に私「じゃあ、次郎がチャンピオンになるからやろう!」
 太郎「やっぱりやる!」
 なんちゃって、次郎が一枚多く取れました。
 今日はルールも厳しく、お手つきで一枚減点。



 ビデオは昨日の「動物園物語」の続き。象が倒れて二人とも神妙になって見ていた。

2008.10.03 Fri l 授業・生活・フランス・レシピ l COM(6) TB(0) l top ▲

コメント

yukikoちゃんへ
初めから筆記体をこんな小さな文字で書かせるのが、ちょっと大変なんじゃないかと思います。

いらいらしますよ~
しそうに無い時だけ、お手伝いしてもらうようにしています。
でも、最近は独りで孤独に料理するのが面倒臭く感じることも・・・
2008.10.13 Mon l garapy. URL l 編集
うわぁ。さすがCP。むずかしいv-27

お料理もお手伝い偉いですね。ちゃんと猫の手してますね。

子供のお手伝い、時によってはイライラしてしまうんですが、GARAPYさんはそんな事全然なく楽しそうでいいですね。
2008.10.13 Mon l yukiko. URL l 編集
Sasha.Yさんへ
間違えても無理ないです。赤ちゃんの頃から、よく双子に間違えられてきた太郎と次郎、眼鏡まで似たようなものを選らんでしまいましたからね。

私、実は短気なんですよ。早くやりたくて、手を出してしまうのが私の本当の性格です。
それでも子供たちのお陰で随分成長させてもらいました。
才能は親が引き出すものだと思っています。子供が何かを好きになれる環境をどれだけ作ってあげられるかだと思います。下手の横好きに終わることもあるかもしれませんけどね!でも、好きなことに集中している子供って生き生きしてますよね!
2008.10.05 Sun l garapy. URL l 編集
わーごめんなさい。
お料理していたの次郎君だったのですねー。ホールチキンをさばいてるるのでまさか次郎君とは思いもせず、太郎君だと思い込んでいましたー。ごめんなさい。
それにしても、3歳からですか!最初は上手にできなくてもお手伝いをさせてあげる(してもらうではなく)garapyさんの根気も上達の一因でしょうか。
私は自分でやったほうが早いわーって自分でしてしまうたちなので勉強になりました。4歳で大人用まで成長するのはやっぱり次郎君の才能も感じますケド。
2008.10.04 Sat l Sasha.Y. URL l 編集
Sasha.Yさんへ
お勉強が楽しいと言うのは何歳まで続くのでしょうね~

今日のお料理は次郎でした。
やりたいと言い出したのが3歳くらいだと思うので、その頃は、子供用の食事用ナイフで柔らかいズッキーニなどを切ってもらいました。よく切れないナイフだから、切り口がぐちゃぐちゃでしたけどね。それでも当時の料理入門としては本人は満足していて、今の次郎があると思います。
第二段階はあまり切れなくなったセラミックを使いました。小ぶりの果物ナイフのようなのです。
多分4歳過ぎた頃から、トマトの皮も切れる良く切れる包丁を渡したと思います。私がいつも使う普通の大人用です。
2008.10.04 Sat l garapy. URL l 編集
こんにちは。
『学校のお勉強が一番楽しい』!!
若きころの私自身に聞かせたいお言葉。
本当にお勉強を楽しんでいるんですね。すばらしいことですネ。

太郎君包丁さばきがお上手。先日から気になっていたんですが、いつごろから包丁をもたせてあげたのでしょうか?
2008.10.04 Sat l Sasha.Y. URL l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://garapy.blog33.fc2.com/tb.php/377-47d82985
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。