上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
2008年9月9日 火曜日 晴れだけど寒くて、セーターにコートで登校。

朝の体操

 アイーダアイダ

 アイーダアイダ(一人で)

 

朝のお仕事
 次郎は、私が太郎と取り組んでいる間に、一杯なぞった。
P1030107.jpg
Leeのきょうざいかんより拝借。

 太郎は、昨日のプリントの答えあわせ。
 問題点が色々と明らかになる。
 「は」や「を」の使い方が全くわかっていない。
 太郎の書く、「お」と「は」がすごく似ている。



 朝、幼稚園へ次郎を送っていくと、アシスタントの人が、「次郎君はなんでも、本当に良く食べますね~前菜を二回くらいお替りすることもあって、気持ちいいです。」と感心していた。





 4時半に終業で迎えに行くと、次郎のコートがコートかけにない。校舎の内外を探し回る。太郎のレインパーカーに続いて、次郎のも無くなったのかと焦ったが、校庭に落ちていた。
 明日は水曜で学校は休みなので、学校帰りに散歩に行く。
P1030109.jpg

P1030110.jpg

P1030111.jpg

P1030116.jpg

P1030117.jpg

P1030120.jpg

P1030121.jpg

P1030126.jpg

P1030129.jpg

P1030133.jpg

P1030137.jpg

P1030139.jpg


 随分大回りをして、家に着いたのは6時15分。

 太郎は一人でシャワー、次郎は洗ってあげる。

 次郎はのりものかるた。太郎は四字熟語カルタ。

 太郎は葡萄、次郎はグレープフルーツを食べる。

 昨日と同じしまじろうのビデオを見る。


 夕食は、採ってきたイラクサ入りのスープと、上海蒸し。
 夫は早めに帰宅して、芝刈り。フランスでは、日曜の午後は、芝刈りは禁止だからだ。

 次郎はとても疲れていたようで、寝る前の歯磨きの時に、洗面所の踏み台から落ちてあごを打ち、口の中を切って酷く泣く。

 子守唄。
 森の小人、トマト、お腹のへる歌、山の幼稚園、

 次郎「明日は自転車でお散歩に行きたい。」
 太郎「サイクリングに行かないで、昨日借りてきた本を読みたい、そうしないと大人になっても読めるようにならないから。」

 8時45分、子供たち就寝。




 昨日、冷蔵庫がすっからかんだったので、車でスーパーへ買い物に行った。ちょっと緊張したが、ここはすぐ近くで往復路も飲み込んでいるので、簡単。
 自由はいいなあ、と、誰に邪魔されることも急かされるとことも無く、手押し車に山のように買い物をして、いざ、トランクに積み込もうとしたら、開かない。
 車はカード式の鍵で、カードのボタンを押して鍵の開閉をする。
 以前にもこういうことがあったのは知っていた。電池が無いとか、古くて壊れているとかだった。
 出掛けに、いくつもある鍵を整理して、いつもと違う鍵で出かけたのだ。
 うちの車と、会社貸与の車は同じ車種なので、鍵の見分けが付かない。同じのが5枚くらいあるのだ。それで、うちの車のには夫が線を引いていた気がするが・・・あるもの全部で、あけたり閉めたりを試して仕分けした。
 そしてもちろん、車を開けたその鍵で出かけたのに、どうして帰る段になって、鍵が開かなくなるの~???
 家まで歩けば10分くらいの近さだけど、山ほど買ったものはどうするの~?魚もあるし、今日は暑い。
 こんな時に夫が出張でなくて本当に良かったし、私も携帯を持っていて良かった。ちょうど昼過ぎだったので、夫に電話して使える鍵を持ってきてもらい一件落着。
 その時に夫曰く「実は、このカードの中に普通の鍵が入っているから、それでもドアを開けることができる。エンジンをかけるのは、このカードを差し込めば問題なし。」と、やって見せてくれた。
 な~んだ、あせること無かったんだ。そんなこと教えておいてよ。

 その話を、昨日葡萄を食べながら次郎にした。「今日お母さん大変だったのよ・・・」そうしたら、次郎は目を真ん丸くして聞いていて、最後に、
「うちの車レッカー車に持っていかれちゃったのかと思ってびっくりしちゃった。」


2008.09.09 Tue l 授業・生活・フランス l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://garapy.blog33.fc2.com/tb.php/359-7838b498
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。