2008年8月17日 日曜日 晴れ時々曇り

朝の体操
 ラジオ体操第1・第2

 アイーダアイダ

 アイーダアイダ(一人で)

 その他、各自が順番に先生になって、太郎の体操。次郎の体操。パパの体操を皆でする。


朝のお仕事
の前に、手品。
子供と学ぶ 家庭教育のススメより拝借。
P1020270.jpg

P1020271.jpg

P1020272.jpg
どんな形の三角形でも同じことになるのをやってみた。


次郎
P1020186.jpg

太郎
Leeのきょうざいかんより拝借。
P1020269.jpg

KF STUDIOより拝借。
P1020183.jpg





endurance青年乗馬耐久レース・フランスチャンピオン大会を見に行った。

太郎が「なんて書いているの?」パパが「読んでごらん。」
一人で読めて大喜び。
「火に注意」
P1020192.jpg

桑の実採って食べ放題!
P1020194.jpg

お昼ごはんを食べに行った小さな町
の教会
P1020230.jpg

街頭にお花P1020234.jpg


P1020232.jpg

コースで待ち伏せ。
先頭がやってきたところ。コースにはアスファルトの道路も少し含まれている。馬の脚には良くない。
P1020235.jpg

散歩がてら、少し森の中に入って待ちうけ、見学する。
P1020236.jpg

P1020238.jpg

なめくじのろのろなにぬねの
フランスのナメクジはいつ見てもドデカイ。
P1020239.jpg

セップという食用きのこ。日本語ではイグチというらしい。食べるにはちょっと古い。
P1020242.jpg


場所を変えて見学。最後の一群が水のみ場に辿り着いたところ。駆けずに歩いてやってきた。
P1020243.jpg

私たちが最初の騎手を見たのは13時。
競技は朝の6時から始まっていた。
約30キロのコースを4種類順に回る。過酷なレースだ。今日のレースの騎手達は、21歳以下。
P1020245_20080818044938.jpg


最後に、脱落者や落馬したものがいないか見て回る係。
P1020246.jpg


騎手達は金曜からこのテントで寝起きしているのだ。それも耐久レースのうち?
P1020248.jpg

簡単な杭と紐で即席の囲いを作り、発電機を接続して電流を流してある。
P1020253.jpg

P1020256.jpg

最終コースへの関門、馬体審査。4っツあるコース内で、2回審査がある。一番にゴールを切っても、心拍65以上の馬はレースを続けられない。速足で走らせて見て、びっこを引く馬も、落とされる。馬を虐待するためのレースではないから。
騎手は馬の全てを知り尽くし、馬の体調を第一に計算に入れて、臨機応変にスピードを選んでコースを完走しなければならない。もちろん出来るだけ速く。馬の負担を軽減するために、騎手は時には、馬から降りて横を走ることもある。
P1020262.jpg

山道なども器用に走り、耐久力と、勇気のある馬しか、出来ないレースだが、騎手もしかり。ただ乗っているだけでは、完走さえままならない。6時に出発して、一等がゴールしたのは3時半だった。
私たちがはじめに見た、第三コースでダントツ先頭だった騎手と馬は、最終コースで心拍数過剰で、落とされてしまった。

P1020266.jpg

最終、第四コースへの出発地点。
P1020267.jpg

P1020268.jpg






ゴールの放送を耳にしながら、帰途に着く。
家に戻り、今日の暖かな日を逃すまいと、絨毯を二枚洗う。
久々の山歩きもしたし、今日は疲れた。


太郎音読
「いたずらでんしゃ」一頁。
次郎音読
「あかちゃん1.2.3」を2回。
「おしっこちー」
かるた
「にほんごであそぼかるた」

 
太郎は「がんばりカード」に昨日と今日の分を塗る。








2008.08.17 Sun l 授業・フランス l COM(2) TB(0) l top ▲

コメント

へのじさんへ
馬は人がいなければ生き残れなかった動物と言われています。
人の友として品種毎の淘汰を続けてきたヨーロッパと、戦争で和種馬を絶滅の危機に追い込んでしまった日本では、自ずと歴史の厚みが違いますね。

ふらんすの絵描き歌、また発見しだいご報告しますが・・・あまり期待できそうにありません。
2008.08.20 Wed l garapy. URL l 編集
心拍数をはかるんですか!
人馬一体というか、本当に馬がいてこそ、の競技ですね。
・・そういえば、オリンピック・乗馬では、日本選手の愛馬が、スクリーンに映った自分の大アップを見た瞬間に、競技をストップしてしまったと聞きました。
びっくりしたんでしょうね。

フランスのえかきうた・顔文字コーナー、アップしました。
ありがとうございます。
これからも、いろいろ教えてください。
2008.08.20 Wed l へのじ. URL l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://garapy.blog33.fc2.com/tb.php/331-5747d320
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)