上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
2008年7月19日 土曜日
暦の言葉
生きているうち
はたらけるうち
日のくれぬうち



朝のお仕事
 家族皆が寝坊している中、太郎は一人で起きて「絵の練習をしたよ」DSCN7984.jpg
私も夫も元来寝坊なので、太郎の今朝の素行には驚いた。
夫 "L'avenir appartient à celui qui se lève tôt."
(未来は早起きする人のもの)
「早起きは三文の得」より、スケールが大きい?




四字熟語カルタ
 一回戦
DSCN7988.jpg

 太郎「太郎は、もう平仮名がわかるから、次郎が絵を取って、太郎がが漢字を取ればいいじゃない」 
 私「なるほど、そうね、あったまいい~」
 と言う訳で、
 二回戦をやってみた。
 意味を説明しながらカルタに馴染んでいる段階なので、四字のうち一文字でも分かると取れることもあるし、「大」と言う字などは複数の札にダブっているので、迷うこともある。
DSCN7995.jpg




 縄跳びで、わが身の老化が身にしみたのか、最近、夫は柄にもなく、朝起きると体操をしている
 それで、ここ数日、私がお手本になって、一緒にラジオ体操をやっていた。
 今日はネットで探して、第二まで一緒にやった。ラジオ体操第1・第2

 「この体操を日本人皆が知っているのか」と夫は驚くが、「当然皆知っている」と軽く往なす。
 第一くらいは音楽も体操も身に染み渡って忘れていない。
 太郎と次郎も、日本の子供たちが夏休みにやっているようなことを思わずやる機会ができて良かった。
 でも、一番良いのは、運動不足の夫が自分から体を動かそうと思ってくれたこと。





読み聞かせ
 昨日の続きを読んで、と太郎に頼まれて、太陽へとぶ矢
DSCN7985.jpg
 最後の頁を読み終えて、次のページを捲って、もう話の続きが無い事に驚いた様子の太郎
 「ふーん、お父さんが来たりしないんだね。」 あらすじは、太陽の子供が父を探しに出かけ、試練の後、太陽の父と結ばれるが、一人地上に戻ると言う話。
 「息子が父から独立する」と言う話は、いままで読まなかったかもしれない。
 太郎はパパっ子。




 いつものマルシェに自転車で。 DSCN7997.jpg

 今日は、通ったことのない裏道から。DSCN7998.jpg

DSCN8001.jpg


 左の近代的な建物は裁判所。DSCN8003.jpg

DSCN8004.jpg


 コロンバージュ建築。DSCN8005.jpg

DSCN8006.jpg


DSCN8007.jpg


DSCN8008.jpg


DSCN8010.jpg


 「見て~このズッキーニつながってるー」DSCN8011.jpg


 裁判所の反対側。DSCN8012.jpg


DSCN8013-1.jpg


DSCN8014.jpg


DSCN8015.jpg


DSCN8016.jpg




 念願の新しいデジカメ購入、スーパーでの日用品の買い物、を済ませて、やっと念願の時間が来た。


 2週間前に初めて買ってから、風がないため出番がなく、ずっとじれていた太郎と次郎。
 凧揚げするのは今日が生まれて初めて。 DSCN8020.jpg


 「やった!」 DSCN8026.jpg


 「雲より高く行っちゃうね」 DSCN8029.jpg


DSCN8031.jpg


DSCN8039.jpg


 太郎のために買った凧は、私たちもすぐにはできないほど難しいものだった。それで、私たちがこの原っぱで待っている間に、夫が一人で車で行って、もう一枚買って来た。鳥の形の凧で、とてもよく揚がった。DSCN8042.jpg


暗誦ノートの復習
 次郎
 寿限無、など。

 太郎
 「あめふり」の歌、祇園精舎など。














暗誦自体よりも、読めないのにしきりにノートを読んでいるフリが・・・

2008.07.19 Sat l 授業・フランス l COM(5) TB(0) l top ▲

コメント

youkoさんへ
ありがとうございます。
これからもいろいろ載せて行きたいと思います。
2008.07.21 Mon l garapy. URL l 編集
いえいえ、太郎君次郎君 いつも違った表情されてて、いろんなことに興味が持てる環境なんだなぁ・・・としみじみ思ってますよぉ。とってもかわいいお子さんなんですから、たくさん写真アップして下さいね★
楽しみにしています☆
2008.07.20 Sun l youko. URL l 編集
コメントありがとうございます!
youkoさんへ
フランスの凧揚げは、夏休み、浜辺に行ってで風があるから・・・だそうです。
太郎と次郎の顔も、皆さん見飽きてらっしゃると思うので、フランスの風景も載せるように努力していま~す。


かたこさんへ
太郎がコンプレックスを解消して自分から楽しんで絵を描いてくれていることが一番嬉しいです。
そうですね、カルタも並べ方を変えるだけで気分も違って来ますね。
晴れたときにしかシャッターを押さないので、ブログではいつも空が綺麗ですよね。本当は反対なんですけど。
2008.07.20 Sun l garapy. URL l 編集
太郎くんの絵とっても上手ですね。 かるたも大会のように並べていて楽しそう。
デジカメ新しくされたんですね。とってもうらやましいです。
写真、空が高くて綺麗ですね。町並みも素敵です。
2008.07.20 Sun l かたこ. URL l 編集
こんにちは!
凧揚げ 楽しそうですね★日本では正月にするものとして有名ですが、今では殆どみかけないような気がします。フランスの子どもたちは凧揚げで遊んだりするのですか??

街並み きれいですね~。家族そろって自転車でお出かけ。素敵です~☆
2008.07.19 Sat l youko. URL l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://garapy.blog33.fc2.com/tb.php/297-a737d7ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。