2008年7月17日 木曜日 曇り

暦の言葉
毎日少しずつ
それがなかなか
できねんだなあ



朝のお仕事
 太郎は漢字カルタ。
 赤ちゃんの頃、カルタをしゃぶったりされると困るので、見本を見て厚紙にビニールをかけて作ったもの。
 仲間分けゲーム。
 動詞、どんな人、体の部分、人工でなく自然にあるものなど。 DSCN7924.jpg




 いつもは食べる人たち・・・今日は初めてのシュークリーム作り。 
 牛乳100mlを鍋に入れてください。
DSCN7925.jpg

バターを40グラム、牛乳の入った鍋に入れてください。
DSCN7927.jpg


 この、混ぜるのが結構疲れるので、音を上げるかと思ったら、手を替えて、最後までがんばった。 DSCN7928.jpg


 卵を加えて・・・また、混ぜる。 DSCN7929.jpg


 選手交代で、また、混ぜる。
 割烹着の後ろの紐はお兄ちゃんが結んでくれる。 DSCN7932.jpg


 出来上がり~
 母は楽チンだった。 DSCN7935.jpg



 昼ごはんは、急いでいたので、私が切った野菜を並べてもらった。



 シーツやバスタオルのたたみ方を、太郎とじっくり繰り返してやった。



 今日一番驚いて嬉しかったのは、私と次郎がお昼寝をしている間に、太郎がしたこと。
 私を起こしに来た、太郎
 「びっくりすることがあるから来て」と私の手を引っ張る。
 「何?」と聞くと
 「お手紙が来たの。お母さんの机の上に置いてあるよ。」
 「誰から来たの」
 「太郎から」
 「えーっ!」
DSCN7937.jpg

「何かしら~」ともどかしげに紙を開くと、
DSCN7938.jpg


 「すごいねえ、一人でこんなことしたの?」と心底感心して、
 「一人で書いたんだよ、だって、フランスにはお母さんしか日本語がわかる人はいないもん。」 日本語がわかる人は他にもいるけど、私が昼寝をしている間に太郎を手伝ってくれる人はいないことは確か。 
 「お母さんもうびっくり」と本当に驚いた。
 本人は、「こんなに長いお手紙を一人で書いて、しかも字も綺麗でしょ。」
と、得意満面だった。
 私が感動したのは、実はその点ではなく、興味のあった、一ページの内容を、まとめた、と言うと大袈裟だが、部分的に写し取って、手紙にする、という案を一人で、考えて、成し遂げた、ということ。

 雑誌(よいこのがくしゅう 6月号 GAKKEN)のこの頁を一緒に読んだことはなかった。興味があって自分で読んだのだろう。
 「お母さんに忘れないでって言うためにお手紙を書いたの」だそうだ。
 この頁は、ほたるをみにいこう、という頁なのだが、太郎は、付録で作った蛍紙飛行機を、本当に蛍と一緒に飛ばしに行こう、と思ったらしい。
 場所は九州としたのは、「楽しそうだから、びーちゃんも一緒にできたらいいな~と思ったから。」ほんとうに、一緒にできたら楽しいだろうね、びーちゃん!
 DSCN7947.jpg




 夕方、やはり、運動療法士のところへ自転車で行く。
 今日の治療室は一昨日と同じ狭い部屋。昨日の治療室は広くて様々な運動器具があって、とても面白そうだった。ボールやぶら下がり機、マット、ダンベル等等ジムみたい。次郎の治療には何も使わなかったけど。太郎が走り回りすぎたので、またこの部屋に逆戻りになったのかな?
 DSCN7943.jpg


 自転車の練習をした帰り道。 DSCN7946.jpg


DSCN7944.jpg





2008.07.17 Thu l 授業日記 l COM(2) TB(0) l top ▲

コメント

satominaさん
シュークリーム、うちで作ると、何が入っているか知っているし、たくさん食べられるので嬉しいです。ついこの間も作ったのですが、膨らまずに失敗でブログには載せなかったのです。味はまあまあで、完売しましたが。

太郎は今、紐の結び、解きに凝っています。この時は後ろの紐なので、もちろん良いのですが、実は最近、太郎は次郎に口出し手出し、手助けし過ぎで、次郎にうるさがられることが多いんです。私が一時前までそうだったのだと思います(反省)・・・

kinésithérapieってフランス語の辞書に載ってましたが、英語から来た言葉みたいです。運動、マッサージなどによる方法、と辞書にはあります。
次郎が息を吐きながら、療法士が肺の辺りを強く押したりしながら、肺に溜まった痰を咳で出させるようです。細かい振動を与える器具で、こびり付いた痰を流動的にしたりもしました。もみの木一家さんのブログでも前に見たような・・・
2008.07.18 Fri l garapy. URL l 編集
二人とも、協力しておいしそうなシュークリームができましたね。
garapyさんの導き方が、上手なんですね。
いつもため息ばかりです。

太郎君のお手紙、嬉しいですよね。
一番大切な<考える力>が、もうしっかりとついていると思います。
弟のエプロンの紐を結んで上げられるなんて、きっと気持ちが落ち着いているからでしょうね。

<運動療法>なんて、初めて知りました。

私、かなりノンビリしてるのかも(汗汗
2008.07.18 Fri l satomina. URL l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://garapy.blog33.fc2.com/tb.php/295-323b850f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)