上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
2008年7月1日 火曜日 良い天気
今日のカレンダーの言葉

いまから
ここから



朝のお仕事
 太郎
 歌詞の穴埋め「かわいいかくれんぼ」 DSCN7146.jpg



次郎
平仮名シール貼り DSCN7147.jpg
 今日は平仮名をばらばらに切らないで、単語のまま渡したら、すぐに全部一人でできた。
リンクの海外で日本語&幼児教育 より拝借。




 交則教習の間違い、午前5問、5問、午後3問、2問。合格ラインは5問間違い。



 教習所の合間に家に戻って食べる私の昼飯は、お茶漬け、糠漬け、縮緬雑魚、梅干。
 初めフランスに来た夏、暑いアヴィニョンで、ホームステイで自炊だった時、お茶漬けが食べたくて、まずいお米を炊いて、水をかけて、オリーブと一緒に食べたのを思い出す。

 漬物と言えば・・・
 フランスのシュークルートが、糠漬けに似て酸っぱく、無性に食べたいときがあった。
 小さい胡瓜のような、コルニションというの酢漬けも、突然どうしても食べたくなるときがある。
 チュニジアではトルシーという漬物が、糠漬けに似ていた。ピクルス同様、酢に漬けるらしい。


 幼稚園の後、太郎と次郎はマチスの家に行って遊ぶ。お母さん曰く、いつも一人で退屈しているので、相手をしなければならないとのこと。一人っ子ってかわいそうだなあと思う時。でも、マチスを見ていて、一人っ子で十分面倒を見てもらっていていいなあ、と思う時もある。習い事も、外出も、小さな弟が足かせにならずに彼本位でできるから、いろいろな能力を最大限に伸ばせる機会が多く与えられる。


読み聞かせ
 太郎に「北極星をみつけてごらん」の続き。難し過ぎて、眺めるだけかと思っていたら、「これまだ終わってないから、最後まで読みたいの。」と太郎。一気に最後まで読むにはこっちが疲れそうなほど内容が濃い。4ページほと読み進める。惑星や月、太陽、地球の間の距離や、光の速さなどの話。
 次郎のリクエストで「キンダーブックじゅにあ えがおがだいすき 8月号」



 雷。
 太郎はわざとおへそを出してみせる。
 
 そして夕立。
 太郎「わーっ!天の消防車が一気に放水だ~


2008.07.01 Tue l 生活日記 l COM(2) TB(0) l top ▲

コメント

satominaさん
うちはほとんど年子なので、太郎を1歳半でお兄さんにしちゃって可哀想と思うことがしばしばありました。
でも、今はお兄ちゃんであることを誇りに思っているようで、重荷でなく糧にしてくれて、成長したなあと感心します。

本やビデオ、子供は何でも吸収して、ごっこ遊びの中で真剣な面持ちで面白い台詞を連発して、こちらは噴出してしまいます。日本滞在でもボキャブラリーが爆発的に増えました。特に男言葉が!
2008.07.03 Thu l garapy. URL l 編集
二人の子供がいると、やはりどちらかが、相手に合わせる必要が出てきます。
それには、親が子供を納得させる必要がありますよね。
でも、一人っ子なら、その必要はない・・・
でも、二人兄弟は、二人で遊びを考え、会話し、けんかするけど、楽しむことができますよね。
どちらが良いかは比べられないけど、私たちは、兄弟の方を選びました。

太郎くんが「放水」って言えるってことは、それだけ本を読んでるってことですね。
我が家は少しずつ小1の国語の本で、勉強していきます!!
2008.07.02 Wed l satomina. URL l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://garapy.blog33.fc2.com/tb.php/270-8fd16eb2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。