上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
 フランスからヤフーオークションで購入して日本の実家に送ってもらった本、日本で購入した本の一部が今日届いた。

しょうにゅうどう探検 (科学のアルバム)しょうにゅうどう探検 (科学のアルバム)
(2005/03)
徳富 一光

商品詳細を見る


雲と天気 (科学のアルバム)雲と天気 (科学のアルバム)
(2005/03)
塚本 治弘

商品詳細を見る


雪の一生 (科学のアルバム)雪の一生 (科学のアルバム)
(2005/03)
片平 孝

商品詳細を見る


太陽のふしぎ (科学のアルバム)太陽のふしぎ (科学のアルバム)
(2005/03)
藤井 旭

商品詳細を見る


星の一生 (科学のアルバム)星の一生 (科学のアルバム)
(2005/03)
藤井 旭

商品詳細を見る


星座をさがそう (科学のアルバム)星座をさがそう (科学のアルバム)
(2005/03)
藤井 旭

商品詳細を見る


月をみよう (科学のアルバム)月をみよう (科学のアルバム)
(2005/03)
藤井 旭

商品詳細を見る


流れ星・隕石 (科学のアルバム)流れ星・隕石 (科学のアルバム)
(2005/03)
藤井 旭

商品詳細を見る


惑星をみよう (科学のアルバム)惑星をみよう (科学のアルバム)
(2005/03)
藤井 旭

商品詳細を見る


科学のアルバム〈76〉惑星の探検 (1982年)

四季のお天気かんさつ (科学のアルバム 別巻)

ネコのくらし (科学のアルバム 69)




人類の未来を考える エネルギーと人類の未来 (人類の未来を考える本)

恐竜はなぜ絶滅したの? 生物の進化 (人類の未来を考える本)

地球は一つの大きな磁石 太陽と地球の関係 (人類の未来を考える本)

エネルギーについて知っている? エネルギーと人類 (人類の未来を考える本)

人類の未来を考える本〈8〉/冬の眠りからさめて 生物の環境適応 (人類の未来を考える本 8)

自然はしくみをもっている 自然界の生態系 (人類の未来を考える本)

大陸を渡った動物たち 哺乳動物の分布 (人類の未来を考える本)

地震はなぜおこる? 地球のなりたち (人類の未来を考える本)

宇宙と地球と日本列島 宇宙・地球・日本列島その歴史 (人類の未来を考える本)

北極星を見つけてごらん 銀河系を中心とした宇宙のすがた (人類の未来を考える本)
森から出てきた人類の祖先 人類の誕生と自然生態系の変化 (人類の未来を考える本)
哺乳類誕生へのみち 大陸移動による哺乳動物の分散 (人類の未来を考える本)

以上科学系





なぞなぞのすきな女の子 (新しい日本の幼年童話 5)なぞなぞのすきな女の子 (新しい日本の幼年童話 5)
(1973/01)
松岡 享子

商品詳細を見る




なぞなぞあそび〈5〉おつかいぴょこたん (1980年)



ロッタちゃんのひっこし (世界のどうわ傑作選 (1))ロッタちゃんのひっこし (世界のどうわ傑作選 (1))
(1985/12)
アストリッド=リンドグレーンイロン=ヴィークランド

商品詳細を見る




のらねこソクラテス (おはなしの部屋)



こわっぱのかみさま (講談社の創作童話 7)こわっぱのかみさま (講談社の創作童話 7)
(1981/01)
佐々木 たづ

商品詳細を見る

さいごのまほう (新・ともだちぶんこ)さいごのまほう (新・ともだちぶんこ)
(1999/07)
中島 和子秋里 信子

商品詳細を見る




えっちゃんとこねこムー (ポプラ社の小さな童話)えっちゃんとこねこムー (ポプラ社の小さな童話)
(1987/11)
橋本 淳子江崎 雪子

商品詳細を見る




どくしょのじかんによむ本〈2〉小学1年生 (読書の時間によむ本小学生版 (2-1))どくしょのじかんによむ本〈2〉小学1年生 (読書の時間によむ本小学生版 (2-1))
(2004/02)
西本 鶏介

商品詳細を見る



やまねこのうみ (1984年)


おかしさドッカン わらい話 (新・日本のおばけ話・わらい話)おかしさドッカン わらい話 (新・日本のおばけ話・わらい話)
(1996/07)
木暮 正夫原 ゆたか

商品詳細を見る



ギャハッとゆかいなわらい話 (日本のおばけ話・わらい話)


わにがわになるわにがわになる
(1977/01)
多田 ヒロシ

商品詳細を見る
  ブックオフで買った言葉遊びの本。


うさぎのとっぴん (1981年)



ぼくだけしってる (あかね幼年どうわ)ぼくだけしってる (あかね幼年どうわ)
(1987/01)
もりやま みやこつちだ よしはる

商品詳細を見る



さむがり王さま おばけの子 (寺村輝夫・ちいさな王さまシリーズ)


おばけのアッチのおばけカレー (ポプラ社の新・小さな童話―角野栄子の小さなおばけシリーズ)おばけのアッチのおばけカレー (ポプラ社の新・小さな童話―角野栄子の小さなおばけシリーズ)
(1996/06)
角野 栄子佐々木 洋子

商品詳細を見る

たたされた2じかん (どうわの森のおくりもの)


森のネズミのおんがく会 (ポプラ社のなかよし童話―森のネズミシリーズ)森のネズミのおんがく会 (ポプラ社のなかよし童話―森のネズミシリーズ)
(1999/03)
岡野 薫子上条 滝子

商品詳細を見る



おばあちゃんのせなか (新・ともだちぶんこ)


大どろぼうとまじょのレストラン (新しい幼年創作童話)大どろぼうとまじょのレストラン (新しい幼年創作童話)
(1986/07)
山脇 恭草間 俊行

商品詳細を見る







2008.06.28 Sat l l COM(2) TB(0) l top ▲

コメント

youkoさん
お返事がとても遅れてごめんなさい。試験準備で切羽詰っていたので・・・

私の場合、読み聞かせはこのようにしています。

科学系の読み物は、具体的に絵や体や物を使って実感できるように説明しながらゆっくり読みます。

物語系は、私はコメントを一切入れないようにして、子供が絵に見入っている様子を良く見ながら、子供のペースで読みます。
感情は込めて、意味のわからない言葉はわかりそうな風に抑揚をつけたりします。朗読ではしてはいけないことばかりだと思います。でも、だからこそ、お母さんが自分の子供に読んであげる意義があると思うので。
わからない言葉は子供が聞いてくるので、手短に説明します。長々してると、早く次を読んでよ~と急かされてしまうので。
私は気持ちが入ると速く読んでしまう傾向があるので、ゆっくりとはっきりと発音するように気をつけています。

読み聞かせと、子供の音読を、一頁毎にするのは、太郎にはとても効果的で、音読の力がついてきたと思います。話の流れに乗って、そのまま読んでしまったという感じで、速度もついて、量も読めるようになってきました。
2008.07.01 Tue l garapy. URL l 編集
こんにちは!!

楽しそうな本がいっぱいですね♪
お子さんに日本語の本を読み聞かせされる際に 何か気をつけてらっしゃることはありますか?
よろしければ教えて下さい♪
2008.06.29 Sun l youko. URL l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://garapy.blog33.fc2.com/tb.php/267-83779e59
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。