上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
2008年6月20日 金曜日

 6時半、次郎は目覚ましと同時に飛び起きた。
 太郎はやはり、昨日の陸上競技会で疲れているようなので、寝かせておいたら、15分遅れくらいで自分で着替えて起きてきた。目覚しい進歩!


朝の勉強
 太郎音読
せんりのくつ―日本昔話より (日本むかしばなしライブラリー)せんりのくつ―日本昔話より (日本むかしばなしライブラリー)



 長いのではないかと思っていたが、残り二ページくらいまで一人で読んでいた。後は登園時間の関係で時間切れ。

 次郎、まるさんかくしかくの色塗り分け。


 次郎「きょうぼくお弁当」
 昨日太郎が遠足でお弁当を持っていったので、今日は僕ということだ。でもフランスはお弁当の日は無いのよ、と言っても泣いてしまう。

 午前中のみ幼稚園に行かせる。


 来週と再来週の二週間は子供たちに毎日夕方まで幼稚園に行ってもらって、教習所へ行かなくては。一昨日の三問間違いは糠喜びで、今日は六問間違い。


 次郎は幼稚園で絵本を借りてくる。

 「明日は、夏なの?」と聞く太郎。
 「どんな日だって、習ったの?」
 「どんな日かは習って無い。」
 夏至のことを習ったのだと思う。
 「明日は夏」と言われるとまるで一日だけが夏のよう。「日本語では夏至といって、夏とは決して言わない。太陽が一番高く昇る日」、と教える。
 フランス語もこの言葉があるにはある。
夏至
le solstice d'été 又は
le soltice de juin
因みに冬至は、
le solstice d'hiver 

 このように、フランス語で話をしていると、専門用語は存在するのに、普通の人は使わないということが頻繁にある。

 そういう場面に出くわすと、日本語って正確だなあと思う。そして「明晰ならざるのもフランス語にあらず」というリヴァロルの句を、ここぞとばかりに馬鹿にするのである。
 もちろん、明治時代の偉い人々が外国語を日本語に訳したからなのだが。
 やっぱり、「明日は夏」、という文は日本語では受け入れがたい。夏至なら夏至、立夏なら立夏と言いたい。

 暦の上では夏ですが・・・と言う文句はフランスではない。
 暦という数字だけが夏を決するようだ。季節感と言うか、肌で感じる季節というものは存在しないに等しい気がする。花見とか、初鰹だとか、土用の鰻だとか、紅葉狩り・・・季節を彩る文化は日本特有なのだろう。
 フランスは、内陸気候、大西洋気候、地中海気候など、地形による気候も国の中で非常に違うし、雑多な人種の坩堝のような国民は、万人が季節を同様に感じないからだろう。夏でも冬でも様々な服装の人が常に混在していることでもわかる。
 制服そして衣替えがあるのは軍隊だけだ。


 お昼寝から起きて、
かこさとし・ほしのほん (4) (かこさとし・ほしのほん 4)かこさとし・ほしのほん (4) (かこさとし・ほしのほん 4)



で夏至の説明をする。この本は平仮名と片仮名だけで描かれているので、ついでに漢字シールを数枚貼らせる。

 太陽の直径の話と絵があったので、コンパスを見せようとしたら見つからなかったので、紐と二本の鉛筆で丸を書いて、直径と半径の話をする。


 さて、紐を手にした二人、長さ比べをしたり、繋がり洟垂れ小僧をしたり、縄跳び回しをしたり、果ては、新体操。東京●幼稚園で見たらしい。 Photo2008.06.20.ven 015



 太郎と将棋を少し。


 ビデオの前の自作カルタ。太郎5枚次郎4枚。絵を見てから裏返して字で取る。太郎のカルタは私が読み、次郎のカルタは太郎が読む。

暗誦
 「雨ニモマケズ」

ビデオ
 からだであそぼなど。
 にほんごであそぼ、で図らずも「雨ニモマケズ」をやっていた。その参とあったので、少しずつ区切っているのだろう。それを見ていた太郎
「あれ~随分飛ばしちゃってるよ、これ」




おまけ動画~りょうたがいつも歌っていた歌


2008.06.20 Fri l 授業日記 l COM(2) TB(0) l top ▲

コメント

LWさん
ギリシャもそうですか。

幼稚園は課外授業の時、保護者に添乗を頼むことが多いので、参加すると様子がわかって面白いです。

拙いブログですが、楽しみにしてくださる方がいて、励みになります。ありがとうございます。なるべく毎日欠かさぬよう、努力します。日記ですからね!
2008.06.20 Fri l garapy. URL l 編集
こちらもおなじです
私はギリシャに住んでいるのですが、この国の人も専門用語があるのに簡単な言葉で用を足していることが多々あります。話が通じるからいいのでしょうが。

フランスの学校は遠足のようなものがあっていいですね。教育内容も充実している感じがします。

毎日ブログ楽しみにしています。
2008.06.20 Fri l LW. URL l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://garapy.blog33.fc2.com/tb.php/256-9c25f2ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。