2008年6月13日 金曜日

 昨夜、11時頃フランスの我が家に到着。次郎はご飯を食べてから寝た。太郎はそのまま布団へ。

 ばあばの家を6時に出て、23時フランス到着。時差を7時間足して、やはり24時間の旅だった。
 乗り継ぎのプロペラ機は1時間しか乗らないのに、途中から寝てしまった二人を到着地で起こすのは至難の業だった。太郎は頭が痛いと訴え泣きながらパパの待つ出口に向かった。
 
 夜中の2時頃、太郎が泣いて起きてきたら、熱を出していて、解熱剤をあげて寝かせた。
 7時前に目を覚ました二人。太郎の熱は下がっている。
 幼稚園へ行きたいか聞くと二人とも行く気満々。
 朝の薬を飲んでから、太郎が少し吐いた。やはり今日は家に静かにしていたほうがいいと思った。
 ところが、兄弟二人でいると、自分たちの部屋やおもちゃ、日本から持って帰った物で、遊びはしゃぎすぎて、静養とは程遠い。結局、朝ごはんを終えたらまだ8時だったので、二人とも幼稚園へ行きたいと言うのだし、家にいても寝ているはずもないので、連れて行く。
 二人とも元気に登園。
 登園前に確認。
「二人とも元気良くご挨拶しないと、皆が君たちはフランス語を忘れちゃったのかと思っちゃうわよ。」

 登園中、公園友達のエンゾに出会い、お菓子のおすそ分け。いつも安全を守ってくれている緑のおばさんにも少しだが、次郎から手渡すと、嬉しそうにメルシーと言って次郎にキスしてくれた。

 太郎のクラスでは友達がみんなで取り囲んで、太郎は気恥ずかしそうにしていた。お土産におせんべい、ぺろちゃんキャンディー、卵ボーロなどを持っていった。
 太郎のクラスを出て次郎のクラスに向かうところで、仲良しのマエルとお母さんに出会う。
「昨日ステファン先生から、もう太郎が帰ってくるはずだけど何か聞いてないか尋ねられたんですよ。教室に行ったら太郎が帰って来ていて喜ぶでしょうね」

 太郎に付き添っている間に、次郎には一人でお菓子の袋を持たせて教室に行かせた。後から顔を出すと、先生が「ちゃんと説明してくれましたよ。お友達とも話してました。」

 今日はさすがに11時半に迎えに行き、午後は幼稚園はお休みすることにした。
 迎えに行くと次郎は元気いっぱい飛び跳ねている。それに引き換え太郎はもう歩けないと言いながら家に着く。昼食をさっさと済ませてお昼寝。

 ボーロは嫌いな子もいたが、おせんべいは皆好きだった。次郎のクラスではせんべいをポップコーンみたいな味と言っていたそうだ。先生も同意。太郎のクラスでは、ぺろぺろキャンディーは棒が危ないので禁止です、と返された。ほかのお菓子を皆で分けて食べたので、数は足りたそうだ。





2008.06.13 Fri l 生活日記 l COM(2) TB(0) l top ▲

コメント

Jackさん
飛行機の中は、テレビを見る時間が多いので比較的おりこうさんです。今年は私も用心したので、飲み物をひっくり返すこともありませんでした。

移動はやはり大変ですよ。行きはよいよい、帰りが特に・・・
私も来年からは前日成田泊にしようかと思います。

2008.06.15 Sun l garapy. URL l 編集
お疲れ様でした★
大人1人で子供2人を連れての大移動,お疲れ様でした。
2人とも飛行機でいい子なのですね♪

我が家の大移動も来年からは大人2人に子供2人になるので,考えただけでもゾっとします。大人2:子供1の今でも大変なのに・・・。
2008.06.14 Sat l Jack. URL l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://garapy.blog33.fc2.com/tb.php/247-05a6be5b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)