上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
2008年6月8日 日曜日 曇り

朝の勉強
 太郎はお墓の絵日記をかく。


 今日は幼稚園の父親参観日。
 太郎と次郎のクラスにそれぞれ保護者がいないといけないので、私が太郎、ばあばが次郎のクラスへ行くことにする。
 この前の次郎の誕生会では、私が一緒に給食を食べなかったことで、太郎がとても悲しがった。それで、今回は私が太郎のクラスに行き、ばあばが次郎のクラスに行く、ということで、子供たち二人とも事前に納得してくれた。それなら、12月の太郎のお誕生日に、日本の幼稚園に来なくても良いとい言う。
 先生が、父の日参観で、お父さんにプレゼントを渡せなくて、次郎が悲しんでいないか、フォローしてくださった。「フランスまで大事に持って帰ってパパに渡したら喜ぶよ~」と言い聞かせて、本人たちも納得、特に落ち込むことはなかった。

 朝礼は庭で全児童が朝の挨拶、そして校長先生のお話を伺い、音楽に合わせてリズム体操の後、親子で集合写真を撮った。 
 クラス毎に教室へ入り、太郎の教室では、子供たちが歌や踊りを披露してくれて、保護者も一緒に踊ったり、親子工作をした。それからまた庭に出て、台風の目競走、フォークダンス、そしてプレゼント渡し。
 日本に到着してすぐ、幼稚園で種を蒔いて一月足らずだが、元気良く四枚の葉をぴんと広げている朝顔の鉢をお持ち帰り。これは去年のように、ばあばに育ててもらう。
 次郎の先生から聞いて、太郎の担任の先生もブログを見てくださったそうで、お褒めに預かった。「景色もとっても良い所ですね~」

 日本の幼稚園に通うのも、あと二日で終わり。クラスでの子供たちの様子を教えてくださったり、太郎は来年は小学校だが、次郎は来年も年中組でよろしくお願いしますなどなど・・・お母さんたちや先生方との話も尽きない。英語のレックス先生も、「二ヶ国語できるんだから、三ヶ国語目は簡単!英語もがんばってねー」とのコメント。

 予報に反して天気はなんとか持ちこたえてくれて、全てが楽しく無事に終わって何よりだった。しかし、蒸し暑い。

 家に戻り遅い昼食を食べ終えた頃、いつものお友達が電話して遊びにきてくれた。運動会のリレーは一等賞だったそうだ。ところが、お兄ちゃんの方は、当日39度の熱を押して、参加したが、びりだったとの事。今日も一緒に遊びに来たいといっていたが、うちで寝ているそうだ。かわいそうに。
 じいじと、お友達と子供たちを家に残して、買い物に行く。子供たちが麦茶好きになってしまったので、フランスへ持ち帰るため。帰仏まで、残すところ、あと四日。一ヶ月経つのは早いものだ。


2008.06.08 Sun l 日本遊学 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://garapy.blog33.fc2.com/tb.php/243-e07cc4de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。