上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
2008年6月5日 木曜日

 次郎は相変わらず咳と鼻水。

朝の勉強
 次郎は塗り絵。
 太郎は昨日のお友達のことを絵日記にかく。
 だらだらしていて、終わりそうにないので、「じゃあテレビの時間に残りをしなさい」、と言うと、
太郎「お母さんがテレビの時間にしなさいって言うならする。」
意外な発言に、私「今、早くやっちゃおうと思わないの?」
太郎「思わない。だって、早くやったら、ぐちゃぐちゃになっちゃうから。」
私「そうか、じゃあ、まだ後三分あるから、できるところまでやりなさい。」



 馴染みの豆腐屋さんで、豆乳を買って、おぼろ豆腐と一番湯葉を頂いてくる。



 登園後ぽちぽちときて、今日も雨かな?もう入梅らしいし。来年からは、来日に梅雨は避けられないと覚悟して、日本の良い季節を満喫できる、最後の年と思っていたのに。来年からは太郎の小学校の夏休みを待って来日するので、7月。蕗もウドも食べられない。
 お友達の運動会は、土曜以来ずっと延期。今日もダメなら土曜日らしい。
 去年は応援に行った。お兄ちゃんは応援団で、おねえちゃんはリレーの選手だった。応援団とリレーの選手はどちらも運動会の花形だから、掛け持ち禁止。それで、今年は二人ともリレーの選手。太郎と次郎も公園で遊ぶ度に、一緒に練習をさせられた。はじめは要領が飲み込めず、タッチされても、ぽかんと立ち尽くす次郎。そのうち、盛り上がって、幼いながらも懸命に走っていた。

 

 長野に連れて行って下さった中学の恩師から、旅行の写真と激励のメッセージを頂いた。日本語恐育ママを支えて下さる数々のお言葉は、ますますやる気を出させる、さすが教育者、いい先生だな~と実感。許可なく一部を抜粋掲載させていただきますが、いいですよね~先生。


(以下引用)
「二人の成長ぶり、日本語の堪能さに感動してしまいました。親や身近にいる人は気がつかないものですが、たまに会った人間としては、よくぞここまでと敬服してしまいます。こども達のがんばりと日本語教育ママの日本語に対する恐育ママぶりの賜物だと思います。ことばはよくないのですが、子どもは自我が目覚める前までは動物と同じですから、サーカスの動物のようにアメとムチで鍛錬に鍛錬を重ねていくべきだと思います。仕込むなら今のうちだと思います。その分、親も勉強しないといけないし、気が抜けないと思いますが。反面、子どもに教えられることも多いと思います。○○さんはそれを楽しんでやっているように感じられます。子どもよりも自分が楽しんじゃって下さい。「幼児期に、これでもかと愛情やエネルギーを注いでいく過保護、溺愛はOKだと思っている。過干渉や過剰なしつけはいけない。ありったけのエネルギーを注いで我が子と向き合うかどうかが…」と作家の重松 清さんは著書に書いています。まさにその通りだと思います。毎回ブログを見させていただいています。教育の原点を感じさせるものがあり大いに参考になるし、啓発されます。」
(以上引用)

「持ち上げすぎ~ですよ、先生」って。でも、この頃が花だったなあ・・・と懐古しないよう、太郎が小学校に上がる、これからが本番だ!
 この度の帰国で、親子ともども日本を充電して、本や教材も豊富に手に入れて、これからくる長い夏休みに、どんなことをしようか、楽しみでわくわくする。



 昼前に、友達が、子供服や本のお下がりを持ってきてくれて、一緒にランチした。ビュッフェ形式で料理の種類も豊富、結構美味しくて満腹。
 ブッフェ・レストランと同じショッピングセンターで、先日の七五三の写真のCDももらってきたが、どうしてもadobeに入れられず、ブログにアップできない。
 頂いたものの中に「ポケモンのあいうえお おぼえるぜ」というのがあって、太郎が占領して問題を長い事やっていた。「全問正解したよ!だから今度は次郎に交代してあげる。」ポケモンのは絶版になっているようだが、類似品はこのようなのがあった。自分では買わなかったと思うが、子供がこんなに熱中するとは思わなかった。
こえでおぼえるあいうえおのほん (音のでる知育絵本)こえでおぼえるあいうえおのほん (音のでる知育絵本)





 夕方、玄関のチャイムが鳴ると、いつものお友達だった。帰宅時間までわずか二十分位だが、楽しく遊んでもらって、鐘がなっても「帰らないで~」と、太郎と次郎。運動会は途中までやり、残りは土曜に延期になったそうだ。

 その後お決まりのテレビを見てから、太郎は今朝の日記の続きを書いて仕上げた。

 今日も軽くシャワーで就寝。パパはオーストリアに出張だそうでウェブカムはなし。



2008.06.05 Thu l 日本遊学 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://garapy.blog33.fc2.com/tb.php/240-4789d191
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。