上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
2008年6月4日 水曜日 雨は上がり曇り

朝の勉強
絵日記
 次郎は絵だけ描く。
 太郎は魚釣りの絵を描き、文も完成。

 次郎は咳と鼻水が出るので、「今日のプールは見学」とプールカードに印鑑を押す。
 
 日記を書いていても、次郎のことばかり見て話をしているので、太郎に「集中力がない」と、怒ったら、ショックを受けたようだ。
 最近「次郎の方が、どうせ早いんだから」といじけることがある。
 「太郎は何でも遅いんじゃなくて、一つのことをしない、集中力がないのよ。太郎が一つのことだけやる時は、急いでやらなくても、とても早く出来ちゃうって、お母さんもお父さんも先生も知ってるのよ。」
 「集中力がないのは、お母さんがいくら怒っても直らないわよ。太郎が自分で、『今これをしてるから、これだけ、これだけっ』て自分で気をつけなくちゃ。誰にも直せない、太郎しか直せないわよ。」
 「一度に一つのことだけをしたら、太郎はとっても早いんだから。」

 こんなことを言ったのだが、ご本人、少しは意識できるだろうか。

 今の自然なままの太郎を見ていると、「いわゆる落ちこぼれって、こんな感じ・・・?」と思わざるを得ない。人が決めたリズムに乗れないのだ。一瞬、一瞬、様々な事に興味がありすぎて、今すべきことがお留守になってしまう。興味、想像力、思考力が溢れていて、五感が捉えたものから疑問や話題がとめどなく発展してゆく。そして、課題であった小さな一つのことを成し遂げられない。マンツーマンならそれでもいいが、集団の中では、リズムがかけ離れてしまうこと間違いなし。

 素晴らしいものを持っていると思うのだが、普通の教育課程の枠の中で、本人がコンプレックスを持たないか、心配だ。フランスの学校であまりに遅れを取れば、「二ヶ国語教育は止めたほうがいい」などという忠告をしてくれる理解のない教師が必ず出てくるだろうし。
 その点、次郎は全く心配なし。そっぽを向きながら人の話はちゃんと聞いてるし、何でもはしっこく、実際、太郎より何でも早く終わる。
 日本でもフランスでも、しょっちゅう「双子ですか」と聞かれるが、中身はこんなに違う兄弟。


 幼稚園から戻った太郎は、次郎よりも先に、着替えを済ませていた。朝、話したことの効果がもう?

 母の友人が遠くから、子供たちの顔を見に訪ねてきてくれた。

 その後から、いつもの近所のお友達も遊びに来て賑やかだった。
 紙とクレヨンなどを渡したら、太郎も次郎も、お友達の名前を漢字交じりで書いたり、絵を描いてもらったりしていた。そしてお決まりのかくれんぼ。

 五時前のチャイムでお友達は帰るので、その後テレビタイム。子供部屋の掃除機をかけてもらったら、太郎が次郎のビーズを吸い込んでしまったので、
「ごめんね。僕のをあげるから」と謝っていた。二人とも世にも深刻な顔をしていた。私が掃除機を開けてみたら、紙パックでなかったので直ぐに取り出せた。二人とも驚きと安堵の混じった顔で、「洗わなくちゃ」と太郎が言う先から、次郎が洗いに行って一件落着。

 夕飯は葱焼き。蝦をたっぷり入れてお好みソースで食べる。
「君たちが畑で抜いた玉葱の葉っぱよ~」
美味しくて、太郎も次郎も、何度も
「もっとちょうだ~い」

 お風呂は控えて軽くシャワーで就寝。
 と思ったら、パパとウェブカムで、二人とも幼稚園での出来事を長々と話していた。

 次郎は鼻水でプールは見学のはずが、
次郎曰く「先生が間違えて、僕、今日プールに入ちゃった。」
私が「じゃあ明日、お母さん先生に怒らなくちゃ。」
「・・・」無言の次郎。
 どこまでが本当か、空想か、勘違いか、全く推量のしようもない・・・
 でも、思い起こせば、帰ってきてすぐ、「プールに入らないで、お絵かきしたの?何したの?」という、ばあばの問いに、
「ぐるぐるばちーん、ていうのをしたの」と答えていた。


 昨日の夕方、子供たちに鬘をかぶせて写真をとったりして遊んでいた。太郎は嫌がり
「だって女じゃないもん!」
私「でもフランスにいた時はスカートはいて、くるっと回って、広がるのがいいな~って、やりたがったじゃない」
太郎「そんなことない!」
スカートをはいて遊んでいた子供たちを見て、苦笑いして、ちょっと本気で心配していた夫も、これで安心するだろう。
 最近、兄弟で男言葉で遊んでいるのは、もちろん日本の幼稚園の影響。太郎の「女じゃない!」と言うのも、言葉ともつながっているのかも。


2008.06.04 Wed l 日本遊学 l COM(2) TB(0) l top ▲

コメント

まーすぃさん
コメントありがとうございます。

日本語強化月間ですか、面白いですね~具体的にどういう、政策をとられているのでしょうか・・・?

男同士の兄弟ならではの、男言葉ですよね。

やぱっぱり、百聞は一見にしかず、という日本体験の成果の一つでしょうか。
2008.06.05 Thu l garapy. URL l 編集
日本での経験がとってもよかったんですね!!

男言葉で遊んでるのって嬉しいですね♪
うちの子達も、私と話をしてるとなぜか女言葉になることが多くて、でも、日本から来たお友達と遊ぶうちに、男の子の言葉を使うようになりました♪なんか嬉しいな!笑

兄弟、喧嘩しても、一番の友達ですね♪うちの中でも日本語で会話してくれるといいな♪と思って、ただいま、日本語強化月間です♪ 応援してます!!!
2008.06.05 Thu l まーすぃ. URL l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://garapy.blog33.fc2.com/tb.php/239-cc5ceaea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。