上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
2008年5月31日 土曜日

 朝、ログハウスの二段ベッドの二階から飛び起きて、着替えながら、
 「今日は寒いね」、と次郎。雨も降っているし、ここ長野の山の中の朝は寒い。
 朝飯前に、「魚釣り!」と、外に飛び出す。早起きの山のおじさんが、既に釣った魚がバケツの中で動いている。はじめは恐々、それから大胆につかんで遊ぶ子供たち。
「ぬるぬるしてる~」
「すべってつかまえられないよ~」
 今度は、またかかっているか、山のおじさんが仕掛けておいた釣竿を見に行く。
「つれたー」
 ログハウスの脇を流れる小川で、やまめがかかっていた。釣竿を得意そうに高々と見せる太郎。
 次郎の竿からは餌だけとられてしまっていた。土を掘って餌のミミズを探して捕まえる。
 「大物狙いだから静かにしてね」とひそひそ声で釣竿を指差す。

 朝食後も、小降りになる度に、スキー並の防備で外に出て遊ぶ。
 蛙や蝶を捕まえて手なずける太郎。


 「4WD自動車だから山道も平気だね」と次郎。裏道を使って十分で、黒姫童話館へ行く。広大な自然の中に佇む建物へ誘う敷地では、ユーモラスな木細工がそこかしこでお出迎え。
「馬だ~」
「ふくろう」
「あーうさぎー」
「こーんな大きな、きりすちょん」
雨なのに、建物の入り口までなかなか行き着かないほど外でも楽しめる。

 アンデルセンの問題コーナーで、質問に答える太郎と次郎。『食べられなかったコヤギが隠れていた場所は?』勿論正解。
 松谷みよ子のコーナーで、山姥の出現にたじたじ。
 ミヒャエルエンデのコーナーにある鏡の国で大はしゃぎ。
 信濃の民話スペースに、開かずの間の戸があった。
「見てはいけないって書いてあるけど、お母さん見てみたいなあ」と太郎を誘うと、
「だめ!絶対に見ちゃダメ!見ちゃだめって書いてあるんだから、見ちゃダメ。」と怒ったように私の手を引いてその場から引き離す。


 帰りに曲竹をとる。これは、夜、さばの水煮缶詰と、ありあわせの野菜で味噌汁にしていただいた。最高。

 遅くなってしまった昼食まで腹を持たせるために、例のチューインガムで繋ぐ。


 ログハウスに戻ると早速、山のおじさんが、昼ごはんの蕎麦を打ち始めた。こねて、団子にしていると、次郎が「ぼくもやりたーい」と寄ってきた。
 一人分大に丸めた団子をつぶして、パスタマシーンに入れて伸ばす。マシーンの回し係は太郎。
 次々と薄っぺらになっていく生地。
 次郎が打ち粉をしながら、何度もマシーンを通した後、いよいよ蕎麦に切る。マシーンを回すと、綺麗に切れた蕎麦がそろって出てくる。
次郎「雨だー!」
太郎「雨が降ってくるー」
 太いのは田舎蕎麦。
 多めに作ったつもりが、完食。
 しこしこつるつる、自分たちで作りたての蕎麦の味は最高。そしてここの美味しい水のおかげ。
 「フランスの水よりも、ばあばのうちの美味しい水よりも、長野の山の水はもっと美味しいよ。」と太郎。

 食後のお昼寝を終えても雨は降り止まず、ログハウスの中で遊ぶ。ゴルフにダーツ、バスケット、縄梯子でブランコそしてサーカス!
 一回だけ、フランスで見たサーカスが脳裏に蘇ったのか?縄梯子を使って二人乗り、手放し、ラッパ使い、極めのポーズ、飛び降りなど、次々に自分たちで新たな技を考え出して、ご披露。観客に大ウケ、拍手喝采、大爆笑!!!
 太郎が、隣の縄に乗り移る危険な技をしようとした時、思わず「危ない!」と手助けをした山のおじさん。「だめー、できるのにー」と泣いて太郎に怒られてしまう始末。「今度は手を出さないで」とおじさんに約束させて、難易度の高い技を無事ご披露して、満足する太郎。

 太郎は、教えてもらって、釣った魚を捌く。

 美味しい焼き芋を焼くコツを教わり、濡れキッチンペーパーと銀紙で交互に巻いていく太郎。最後に牛乳パックに入れて、おじさんが火を起こした薪のストーブに入れて、お楽しみ。出来上がりは、とろ~りと、まるで栗金団。

 道端の草に火のシャワーを浴びせたりして、沢山すぎるほどの花火をする。

 夕飯は、長野の霜降り肉、自家製ベーコン、さっき取った蕗やたらの芽。釣って捌いた山女の唐揚。
 大きなお風呂で水鉄砲。
 そして、二段ベッドでおやすみなさい。



2008.06.02 Mon l 日本遊学 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://garapy.blog33.fc2.com/tb.php/235-30ec607d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。