上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
2008年5月20日 火曜日

朝の勉強
絵日記
 太郎はおやつの八橋などの絵を仕上げる。二人で話しながら、私が書きとめた下書きを清書する。完成。
 次郎は昨日母の友人からいただいた、感動のラムネの首飾りの絵を塗る。文は私が書いたが、なぞりたがらなかった。

 太郎は幼稚園でプールの日だが、お腹の調子がいまいちで今日は断念。

 雨の中、元気良く登園する。

 2時にお迎えに行くと、 今日は次郎が幼稚園でお腹をこわしていたらしい。
 今ごろ二人して、疲れかな、と思いきや、思い当たることが一つ。お風呂のお湯を口に含んでかけ合いっこしていた。


 次郎「ママ?太郎とフランス語でしゃべってもいい?」
 私「いいわよ、日本にいるからね」(フランスでは兄弟間ではフランス語は禁止)
 二人でフランス語で話している。
 それも一時の気まぐれのようで、数分後には、普段の日本語会話に戻っていた。


 ブログをいつも見てくださっている母の友人が、生の子供たちの様子を見に、訪ねて来てくださった。太郎と次郎、フランスの話などをおばちゃんとして、暗誦もちょっぴりご披露。

トッポジージョを読み終える。
 太郎が2ページ音読。あとは次郎が、私かばあばの後を繰り返して言い、最後まで読んだ。


ばあばと、なぞなぞあそび。


ばあばに本を読んでもらう。
 やまのジャンルとソフィ (ファランドールえほん (27))
「この山、ヨーロッパのアルプスでしょ。だからこの山にハイジがいるんでしょう。」と興奮する次郎。
太郎「これ、おおつののだんなだ!」
ハイジに精通していないばあばには、ちんぷんかんぷん。



昨日の会話
 次郎「ばあば、きのうぼくたち美味しいチューインガムを食べたんだよ。」
 太郎「そうそう、あのフランスのみたいに、ねちゃねちゃ歯にくっつかないの」
 次郎「まっすぐなチューインガムなんだよ
 ばあば「・・・・・・?」
 私「あたりめを食べたのよ」
 ばあば爆笑。「何のことか考えちゃった」


今日の会話
 次郎「ぼく、ばあばの言うこと聞かない!」
 ばあば「・・・・・・」
 次郎「だってばあば、このうちの王様じゃないでしょ」
 ばあば「ばあば、このうちの王様よ。ここばあばのおうちなんだから」
 次郎「だってばあば、この日本全部の王様じゃないでしょ!」
 ばあば「違うわねえ」
 次郎「だから、ばあばの言うこと聞かない」
 ばあば「じゃあ、お母さんの言うことも聞かないの?お母さんだって日本とフランスの全部の王さまじゃないでしょ」
 次郎「だから、時々聞かない・・・ときもある。」



 中学時代の恩師に先日会った時、太鼓判を押していただいた。中学の国語の先生。
 先生「すごいねー。難しいことやってるねー。でも正しいと思うよ、どんどん暗誦させるの。意味は後からわかれば良い。小さいうちに覚えてね。論語とか枕草子とか良いよね。中学でも奥の細道とか冒頭の暗記をテストに出してる」
 私「フランスは3歳から8時半4時半で、小一から宿題もあって、学校でびっちりなんで、小学校にあがる前、今のうちにと思って。」
 先生「日本もゆとりとか言ってたけど、やっぱり、小中学校時代はある程度詰め込まなくちゃだめだね。本を読み聞かせるのも良いよね。」
 数多ある○○式メソッドにまったく則っていない私、この助言は、大きな支えになる。



 時期でもなく、開き一枚350円は高かったが、どうしても食べたかった、さんま。フランスには無いから。夫がインターネットで検索したら、学名スコンブレゾーズと言うらしいが。
 今晩のおかずに食べながら、
 ばあば「太郎君、さんまっていう詩があるのよ。」
 太郎「さんまさんま さんまにがいかしょっぱいか」
 ばあば仰天、「あら、知ってたの、教えてあげようと思ったのに、ばあばが教えてもらっちゃったわ。」
 太郎「だってお母さんがいつも言ってるもん」
 ばあば「その後は?」
 太郎「知らない」
 後は私も覚えていないので、リンクのにほんごであそぼふぁんさいとをご参照ください。「妻にそむかれたる男ッテ何?」とか、子供に意味を聞かれるとちょっと説明しにくいので、全文暗誦は控えていました。主題が五歳向きではないかも。



2008.05.20 Tue l 日本遊学 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://garapy.blog33.fc2.com/tb.php/223-bf582e46
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。