2008年4月26日土曜日のサイクリングの写真の続き


DSCN5181.jpg
 ラ・ヌリエール水門。ラヴァルと目的地マイエンヌ市の中間地点。

DSCN5193.jpg


DSCN5207.jpg


DSCN5212.jpg
 水門開閉の仕組み。平板歯車?「クレマイエール」crémaillère。暖炉に鍋をかける「自在鉤」と同じ単語。転じて、「新居に客を呼ぶ集い」をこう呼ぶ。

DSCN5213.jpg
 看板を悪戯して日の丸の色を変えてしまう人がいるのかも・・・???

DSCN5214.jpg
 「あっ、樅の木。ぼく、木よりも大きいよお」「ぼくだって」

DSCN5216.jpg


DSCN5217.jpg
 今は打ち捨てられたかまど。パン焼き用かなと思ったが、ガラス製品を作っていた?

DSCN5222.jpg
 人間よりも牛のほうが多い街。ジョークでなく。確かに今日出会った人は数えるほど。それに引き換え出会った牛は・・・

DSCN5226.jpg
 我等の目的地マイエンヌ市まであと19キロ。

DSCN5228.jpg


DSCN5229.jpg


DSCN5240.jpg
 自転車置き場。フランスでは普通自転車にスタンドはない。Tour de Franceツール・ド・フランスの国だから、自転車は足でなくスポーツ?

DSCN5245.jpg
La Verrerie ラ・ヴェルリという水門の所に先ほどの「かまど」があったので、ガラス製品かなと主人が推測。

DSCN5247.jpg


DSCN5251.jpg


DSCN5263.jpg


DSCN5268.jpg
 リンドウかと思ったが、違うよね。

DSCN5277.jpg


DSCN5294.jpg


DSCN5299.jpg
 そこに、落ちていた、粘板岩、スレート、ardoiseアルドワーズ。この地方の建物の屋根はほとんどこれ。シャンボール城のようで、シックな感じが好き。

DSCN5300.jpg
 ロッククライミング?石垣を登っているだけ。

DSCN5306.jpg
 ぼくだって!

DSCN5321.jpg


DSCN5334.jpg
 大変な事故の後、立ち直った次郎。自転車はまだ倒れたまま。
 パパが自転車で滑って、横にいた次郎の上に落ちてきた。
 痛さもさることながら、恐怖で激しく泣き続けた。

DSCN5341.jpg
 お兄ちゃんに抱っこ~

DSCN5356.jpg


DSCN5357.jpg


DSCN5373.jpg
 小蝿を捕まえても喜ぶ。

DSCN5376.jpg
 今日に限ってちょうちょの一匹も見かけなかった。バッタもいないし。
 フランスの野菜も日本のように殺虫剤漬けだ。


今日、土曜の成果。
太郎は往復18キロ、次郎は往復6キロ完走した。拍手!


2008.04.26 Sat l フランス l COM(2) TB(0) l top ▲

コメント

まーすぃさんへ
コメント遅れてごめんなさい。
環境は最高です。あとはどう利用するか、親の体力と裁量にかかっています・・・とほほ・・・
2008.05.10 Sat l garapy. URL l 編集
とっても楽しそう!!

garapyさんファミリーを取り巻く環境がとってもいい♪

語学を学ぶ事だけではなくて、行きて行く力って言うのかな。。。心も体も、5感を使って。。。バランスよく成長して行ける生活がそこにはあるんだなあ、って伝わってくるの。。。こんな環境で私も子育てしたい!でも今は、そういう環境にはいないので、この場所で出来ること、バランスよく楽しみたいな♪って思います。参考になるし、ためになるし、インスピレーションをいっぱいもらってます、ありがとう♪ 応援も!!!
2008.04.30 Wed l まーすぃ. URL l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://garapy.blog33.fc2.com/tb.php/189-76ce7a37
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)