上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
2008年4月22日 火曜日

朝の勉強
太郎
 漢字混じり文と絵の線結び。難しかった。ヒントをたくさん出した。 DSCN4915.jpg


DSCN4909.jpg

 「新幹線の歌」の歌詞並べ、何度もやり直しすぎて、上に貼りまた貼り付けて分厚くなった紙、

 右から書くのか左から書くのか未だに頭の中がはっきりしないらしい。
 チュニジアの幼稚園でアラビア語も書かされたからか?
 仮名の表を「あかさたなはまやらわ」、と読むからか?
 そういう訳で、歌詞の並べ替えも、一人でやると必ず反対から並べてしまう。見本に縦書きの本を前に置いたのだが、字を夢中で探しているうちに、どちらから並べるかは忘れてしまうようだ。
 アラビア語といえば、最近、チュニジア時代の通信簿を見返したら、「アラビア語の運筆が良くできている」との評価があった。なんのこっちゃ?フランス語の先生は、「運筆がクラスのみんなに比べて遅れている」、とおっしゃっていたのに。



次郎
 漢数字
 「♪1本でも人参♪」歌詞並べ DSCN4907.jpg


太郎音読「ちょうになったぞう




 夫の昼休みに、出来上がっている眼鏡を受け取りに行く。
 子供たちは眼鏡と旅行のせいで疲れて4時まで昼寝をする。



太郎と将棋をする。
 接戦の末、負けたのは私。太郎は初めて誰かに勝って大喜び。もともと私はゲームに弱い上、将棋のルールを覚えていないので、このスタディ将棋でしか打てない。確かに太郎は随分強くなった。
くもんスタディ将棋 NEWくもんスタディ将棋 NEW





 初めてフランスの道端で見かけた時、「こんなところに紫蘇がっ!」と叫んで手を伸ばした。夫が「危ない!」と止めてくれたが、こんなにぼうぼう生え放題の紫蘇を指をくわえて見過ごすなんて、と腑に落ちなかった。
 西洋イラクサ、フランス語ではortieという草だった。ウィキペディア イラクサ
 ネトルとう呼び方で、花粉症に効くとかで、ハーブティーやサプリメントが流行っている? 




 その葉っぱでスープを作って飲んでみた。

 前から気になっていたハーブだが、汚い道端に生えているし、棘が刺さるので、思い立った時にその場で採取するわけにいかず、試したことがなかったのだ。
 義父母の庭の片隅に生い茂っていたのが余りに綺麗だったので、この機会に食べてみようとゴム手袋を借りて収穫したのだ。

 私が食べてみたいと言うと、「これは昔から非常に体に良い万病の薬のように言われているが、実際に食べたことはない」、と義父。「ここ、フォアグラの産地では、これを刈り取って細かく刻み、鴨に食べさせた」とか。「それ専用の道具がある」と言って、納屋から出して来て、刈り取って見せてくれた。刈り取るための刃の裏側に、刻むための刃がついている。

 私がこれを収穫して家で食べてみるという話を聞いた義母は、
「さあ今夜のスープを作りましょう。イラクサはどこにやったの?」
 家で作ったら夫は「えーっ!あの雑草のスープ?僕お腹すいてないよ。」とか何とか言って、食わず嫌いで食べなかっただろうと思うが、おかあさんが夕食に作ったものを食べないわけにいかない。
 食べてみようと覚悟を決めた私でさえ、青汁スープを薬と思って飲むつもりでいた。

 これが、出来上がりは非常に美しい白緑のポタージュ。食べてみると、美味しい。
 次郎はお代わりが無いと言って泣いたほど美味しかった。

 葉や茎植物全体に、毛のような棘があり、触ると刺さって取れず、痛い。ゴム手袋で採取、水洗い、鍋へ入れて、少量の水を加えてくたくたになるまで煮てからミキサーにかける。フランス式ほうれん草の調理法と同じだ。要するにピューレ状。義母はニンニクひとかけと塩一つまみを加え、ベシャメルソース(ホワイトソース)と混ぜて牛乳でのばした。
 うちは万年ダイエットなので、ベシャメルのかわりに白いんげんでとろみをつける。豆を煮始めたのが遅くて今夜の食事に間に合わず、さらさらのスープで供する。まろやかなソースが絡まっていないからか、少々喉に刺さる感覚。でも結構美味しい。
 鉄分豊富でリューマチ、貧血予防その他色々な効能があるそうだ。

 明日はハーブティにして飲んでみようと思う。



2008.04.22 Tue l 生活日記 l COM(2) TB(0) l top ▲

コメント

ロッキンさん
コメントありがとうございます。
外国での日本語維持、直面してみないとわからない難しさですね。

お互いがんばりましょう。
応援ありがとうございます。
2008.04.24 Thu l garapy. URL l 編集
はじめまして!
足跡から遊びにきました♪

フランスで日本語教育を・・・頑張ってらっしゃるのですね! 過去の日記も含め、読ませていただいたんですが、感心するばかりです。

私たちはアメリカに住んでるのですが、やはり日本語維持にはかなりの努力が必要だと思ってます。

楽しく、自然に語学が身につくように・・・ といつも思ってます。

またお邪魔させていただきますね。

はじめましてのご挨拶にぽちっとさせていただきますね。
2008.04.23 Wed l ロッキン. URL l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://garapy.blog33.fc2.com/tb.php/180-7cda5a96
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。