上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
2008年4月14日 月曜日
 幼稚園は2週間の春休みに入った。

朝の勉強
「その一」
 私の言った漢字を太郎と次郎がそれぞれのホワイトボードに書く。書き順を、私が紙に書いて見せる。
 山、川、小、一、二、三、など。

「その二」
 一つの音の言葉を探すクイズ。リンクの徒然なるまま かきまくれっ!より拝借。
 蚊、火、日、胃、絵など。
 一つの音の言葉を自分の頭に思い浮かべて、それをみんなに当てさせるヒントを出す。
 しま次郎でやってた真似をして、手を叩きながら、「あ・し、パン・パン」「これは二つの音だね」と拍手の数で音の数を確認。
 次郎は、「はい!はい!」と元気良く手を上げて、たくさん問題を出してくれたが、一つの音の言葉が見つけられず、ただのなぞなぞになっていた。
 太郎は、一つの音の言葉を思いつかず、他の人のヒントから当てるだけだった。


太郎音読 「ちょうになったぞう」 DSCN4181.jpg


読み聞かせ
 「14ひきのさむいふゆ」
 「ひろしまのピカ」
 「モモちゃんとアカネチャン」
終わり。とても楽しんだ。


 午後、眼科へ行き、二人とも遠視と乱視と診断される。要眼鏡。あー、三歳と五歳で眼鏡とは。
 瞳孔を開く眼薬を注したので、夜になっても子供たちは瞳孔が開きっぱなし。
 私がド近眼だったので、近視を疑っていたが、遠視とは寝耳に水で、にわかには信じられなかった。

おまけ動画~いろはにほへと


2008.04.14 Mon l 授業日記 l COM(2) TB(0) l top ▲

コメント

まーすぃさんコメントありがとうございます 
やっぱり、眼鏡になってしまいました。

お友達にも教えて頂いて、遠視は小さな子に多く、発見されにくく、矯正しないと、弱視になることもある、と知りました。

はずせる日が来ることを祈ります。
2008.04.15 Tue l garapy. URL l 編集
日本語頑張ってますね♪とっても参考になります!!

ところで、メガネ。。。必要になったんですね。

長男が5歳の頃、視力のアンバランスが原因で片目の視力強化のため、メガネと、いまだにアイパッチ治療をしています。

この治療で、だいぶ視力が回復し、高学年ではメガネが必要ないかも、とも言われています。何歳かまでに治療すれば、視力が回復することもあると聞いて希望が持てます。

でも、親の遺伝によるものが多いので、仕方ないことなのかもしれません。

私は自分を責めたんですが(テレビの見過ぎ?とか)、ドクターには、遺伝だからどうしようもない。ただ、早期に気がつけば治療で良くなることもあるから、希望を持ちなさい、と言われました。

お互い頑張りましょう。 応援!!!
2008.04.15 Tue l まーすぃ. URL l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://garapy.blog33.fc2.com/tb.php/170-8ef251a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。