上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
2008年4月7日 月曜日


 うちでは太郎や次郎と、「太郎や次郎が大きくなってお父さんになったら・・・」という話題がよく出る。
 「ところで、太郎の子供ができたら太郎は子供と何語で話すの?」と聞いたら、考える間もなく、
 太郎「日本語とフランス語。だってぼくは日本人とフランス人だから。」

 洗脳は完璧だ。
 「パパはフランス人だからフランス語でしゃべる。お母さんは日本人だから日本語でしゃべる。」
をそのまま当てはめて、言い換えている。
 しかし、具体的な現実に直面しないと、問題は明らかにならないだろう。

 何人と結婚するか?
 何語を話す国に住むか?
 子供にどうしてあげたいが?
 それによって変わってくるだろう。
 このままうまくいって、本当にバイリンガルお父さんになったら、いったい何語で子供と話すのだろう?
 などと思うのは、取り越し苦労?それとも、そんな先のことを言えば鬼が笑う?


 太郎と次郎夕方幼稚園から戻る。

 太郎音読
 「よろしくね!」 広瀬克也 主婦の友、ベビモの付録
 字が少ないので選んだのだと思う。
 太郎「赤ちゃんて、こんな風にお腹の中で動けき回れるの?」

 読み聞かせ
 「ももちゃんとあかねちゃん」一章。
モモちゃんとアカネちゃん (児童文学創作シリーズ モモちゃんとアカネちゃんの本 3)モモちゃんとアカネちゃん (児童文学創作シリーズ モモちゃんとアカネちゃんの本 3)
(2000)
松谷 みよ子

商品詳細を見る


 「ひとりぼっちのコロ」一章。


 「世界のお話カルタ」
 太郎が読み次郎が取る。

 太郎「残されたガラスの靴に足がぴったり」
 次郎「この靴にぴったりの足にするには踵を伸ばさなくちゃだめじゃない。」
 そう言って、笑う太郎と踵を引っ張り合う次郎。私がいつもペタンこの靴しか履かないから、ハイヒールの構造を知らない?

 ビデオ
 「ハイジ」
2008.04.07 Mon l 授業日記 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://garapy.blog33.fc2.com/tb.php/162-4c2ed5f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。