上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
2008年4月2日 水曜日
 

 フランス語で
 太郎「クラスにぼくのことが嫌いな子がいる。」
 パパ「そんなの、あたりまえだよ、太郎のことを嫌いな子は相手にしなければいいんだよ。太郎のことが好きな子とだけ遊べばいいんだよ。」

 太郎、私の方を向いて日本語で
 「でも、ばあばが、みんなと仲良くしなさいって言ったよ」
 東京●幼稚園でも、もちろん「みんななかよく」と習ってると思う。

 日本社会とフランス社会を行ったり来たりする太郎と次郎、両方に対応できるのかな?


 
 「思い出のアルバム」


 読み聞かせ
 「鉄道の始まり」


 暗誦
 「がぎぐげごのうた」


 お手伝い
 太郎
 掃除機を持ってきてテーブルの下を掃除して掃除機をしまう。
 太郎と次郎
 食後のテーブルの上の物を全て台所に運ぶ。

 今日のおやつはポップコーンDSCN3989.jpg
  とうもろこしの種?が爆発していろいろな形になることを確認。はじけなかった豆を見つけて喜んでいた太郎と次郎。


 太郎音読
 「みんなともだち 12月号」より「おおうりだしにいこう」


 太郎をまねて、次郎が「狼と七匹の小ヤギ」を読む練習をすると言う。
 私の後について音読するうち、いつものように脱線。
 太郎「ヤギのお母さんが帰ってくるまで、窓から出たり入ったりして逃げればよかったのに。」
 「ヤギのお母さんは狼より強いの?ムッシュースガンのヤギはどうだったの?」
 ドーデの「風車小屋便り」の中に、「ムッシュースガンのヤギ」という話がある。子供たちが大好きで何度もパパに読んでもらっていた。それで、去年のバカンスで借りたロッジの家主を一目見た太郎は、「ああ、ムッシュースガンだ」(フランス語で)
 次郎「ムッシュースガンのおうちにお化けが居たじゃない。お化けが居れば狼より強いよ。」
 太郎も私も顔を見合わせてきょとん。
 次郎は、ムッシュースガン、じゃなくてロッジの家主の道案内で上った山の頂上に建っていた礼拝堂のことを言っていたのだ。


 ひさびさに
 「となりのトトロ」
 太郎「メイって次郎みたいに面白いこと言うね」
2008.04.02 Wed l 授業日記 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://garapy.blog33.fc2.com/tb.php/156-2b771750
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。