上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
2008年3月10日 月曜日

 次郎はお昼帰り。
 家についてから、
 「今日ぼくの借りた本は?」
と探し回る。「借りてきていない」、と言っても納得しない。
 毎週月曜の登園は、次郎のクラスは、図書室へ直接行く。今日も、借りたい本を選んだのだった。
 昼寝から起きて、

「動物園の動物たち」
を一緒に見る。
 動物の中で一番足の速い、チーターになりたい次郎。

 夕方、太郎を迎えに行った時に、次郎の先生に本のことを話すと、今日選んだ本は金曜に借りられるとのこと。太郎・次郎は金曜定休なので、木曜に貸してくれるとのこと。

 家に戻った太郎、
「これ競争なんだよ」
と本に見入っている、読もうとはしない。疲れているのだろう。

 すると、しばらくしてわれに返った次郎、
こんなことしてる場合じゃないよ。テレビ見るんだから。」

テレビ前のかるた
「のりものかるた」
16枚
DSCN3103.jpg
太郎が読み、次郎が取る。
DSCN3104.jpg

DSCN3113.jpg

DSCN3116.jpg

DSCN3117.jpg


ビデオ
「清掃車」

太郎「お母さん、こんな風になってるって知ってた?」と繰り返す。

先ほど太郎が見入っていた本、
「がんばれヘラクレス」を途中まで読む。
がんばれヘラクレス (グラマトキーののりものどうわ)がんばれヘラクレス (グラマトキーののりものどうわ)
(2005/10)
ハーディー グラマトキー

商品詳細を見る


寝床で歌い聞かせ
「しゃぼんだま」

を歌い始めたら、
次郎「僕の知らない歌にして」と言うので
じゃあ何かなあと考えて
「ふじさん」
それから、お決まりのお休みのおまじない、
「次郎を眠らせ次郎の屋根に雪降り積む」と私が言うと
次郎「太郎を眠らせ太郎の屋根に雪降り積む」
「揺り篭のうた」
リクエストにより「うれしいひなまつり」
の四番を歌い始めたところで、
次郎「ちょっとまって。『の』ってこうだよね」
と宙に平仮名の『の』を書いてみせる。
「そうそう、よくわかったわね、すごい」
先ほど、ビデオのケースに書いてあったのを見つけて、
次郎「これ『ぬ』でしょ」
カルタをしていた時
「のぞみごうあっというまにとんねるつうか」
が見つからず、太郎が
「ヒント、これとおんなじ」と、読み札にかいてある『の』を見せていた。
それから、ビデオケースに『の』が三つもあると言っていたから頭に浮かんだのだろう。

「じゃあお休み」と言ったら、いそいで、
次郎「あのね、ぞうさんの続きの話をしてあげる。」
「うん、でもね、短いお話にしてね。」
次郎「あのね、ぞうさんの屋根もあるの。どうして今日は短いの?」
「明日朝早く起きなくちゃ、TGVが行っちゃうから」
次郎「あ。それで終わり。」

2008.03.10 Mon l 授業日記 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://garapy.blog33.fc2.com/tb.php/131-30674aa6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。