上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
2008年2月29日 金曜日

魚貝の図鑑―Wide color (小学館の学習百科図鑑 (3))魚貝の図鑑―Wide color (小学館の学習百科図鑑 (3))
(2000)
末広 恭雄、阿部 宗明 他



 「魚貝の図鑑」で、「お魚カルタ」に出てくる魚を探して、図鑑のページに付箋をつける。
お魚かるたお魚かるた





 変態するマンボウの大きさを定規で測って、実物大で描いてみせる。
manbo003.jpg

 その後定規をくれというので渡したら、同じことを描こうとしていた。
 その間、次郎はシールを貼ってコックさんを作ろう!takumi002.jpg


 そのうち、太郎は気が変わって、切り貼りに夢中。nao kirihari001

takumi001.jpg


 ばあばとウエブカムをするが、音が聞こえない。
 次郎「固まっちゃったのかしら、ばあばの口?」

 太郎が、「日本の漁業は世界一」とか、「お魚カルタ」の文句を唱えながら歩いているので、
 「太郎も次郎みたいに随分覚えたじゃない。」
 太郎「次郎は何枚覚えてるの?」
 「何枚かわからないけど、幼稚園に行かない時、よくやってるから、たくさん覚えてるわね。」
 その会話に、刺激されて、太郎は、一人で「お魚カルタ」を読んで取っていた。次郎がお昼寝で、久しぶりに読書をしていた私の横で。
ととあわせ 江戸前ととあわせ 江戸前




たのしく漢字を。


 それから、「ととあわせ」かるたを出してきて、
 「お母さんいっしょにやって」
 一回目の終わり頃、次郎が起きてきたので、次郎のためにもう一回する。DSCN2806.jpg


 昨日の復習のため、
「誰が、何枚、多くできたかな?」DSCN2809.jpg
 二回戦は、太郎と次郎で何回数えても、同数、引き分け。引き算の練習には、残念。

 夕方、整骨院へ行くので、早めにビデオを見る。
 「その前に、今月の歌をうたいましょう。」DSCN2814.jpg


ビデオ
「いないいないばあ」

DSCN2815.jpg

DSCN2819.jpg

DSCN2825.jpg

DSCN2826.jpg

DSCN2834.jpg


DSCN2845.jpg
左は次郎作。右が太郎によるお父さんとお母さん。


太郎が次郎に頼まれて描いてあげたobakes002.jpg



 チュニジアの気候、貸家の湿気のせいにしていたが、中耳炎や扁桃腺、風邪にかかりやすく、抗生物質漬けだった二人を、類似療法のお医者さんが、接骨院も、行ってみるように勧めてくれた。特に、帝王切開の子どもは頭蓋骨に問題があることが多いとか。そういえば、産後一ヶ月の母親検診で、産婦人科医に、そういうプリントを渡されたのを思い出す。生まれてすぐに、連れて行っていれば、もっと病気を少なくして上げられたのだろうか。
 接骨医曰く、
 太郎は、頭蓋骨が少しずれていたのを矯正。
 時々足が痛いと泣いていた次郎は、骨盤が少し歪んでいたのを矯正。
 二人とも頚椎も矯正。
 太郎は、鼻腔などの循環を促すため、鼻や眼のツボあたりを、軽く指先でたたくのがよいと言われた。


 太郎と私は、接骨院から走って帰ってくる。車の次郎とパパより早く家に着いた。歩いて15分くらいの距離。


2008.02.29 Fri l 授業日記 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://garapy.blog33.fc2.com/tb.php/118-74fd5423
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。