上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
2008年2月25日

 昨日の朝、
 太郎「スイスの旗見つけたよ。カタカナで書いてあるけどわかったよ。」
 「そう、すごいね、どんな模様?」
 太郎「赤くて、白いバツ」
 太郎「オーストラリアの旗も見つけたよ」
 「どうしてカタカナが読めるの?」教えた覚えは無い。
 太郎「トイレの平仮名表の横に書いてあるから、いつも読んで覚えたの。」
 「あいうえお、かきくけこ・・・あかさたな・・・」と縦横無尽に読む声がいつも聞こえる。なかなか出てこず、結構迷惑している人もいる。どこに行っちゃったの?と最初は狭いアパートを探し回ったほど長居。

 今朝、次郎に、「一人で着替えできないの?」
 次郎「できない」
 太郎「次郎はマイナス5歳の赤ちゃんだから」
 昨日エレベーターのボタンを押して、駐車場は-1階、うちは0階、うちの上は1階。マイナスはゼロより少ない、と覚えた太郎、使いたい。

 カレンダーを見て、「今日は何月何日、あと何日で2月が終わる」、と太郎。
 「じゃあお雛様つくらなくちゃ、でもうちは女の子いないからね。」
 太郎「でもお母さんのために作ろう」


 次郎「今日、東京●幼稚園、フランス▲▲▲支部をやろう!」
 日本での幼稚園留学のあと、チュニジアの家で私が
「皆さん、今日も元気良く、東京●幼稚園フランス▲▲▲支部へ来てくれましたね!では御挨拶しましょう!」とやっていたため。


廊下においてあった、木の札でできた平仮名パズルで、ふたりで遊んでいる声DSCN2671.jpg


太郎「あ、のつくものは?この絵の中から探して」
DSCN2669.jpg

次郎「あひる」
DSCN2670.jpg

太郎「じゃその上に置くの」


 久しぶりに、
 「『窓際のトットちゃん』読んで欲しい?」と聞いてみる。
 太郎「うん」
 「じゃあ、太郎のために読んであげる。」次郎には難しすぎてつまらないのだと思ったので。
 次郎「ぼくのためにも読んで」

 「高橋君」は大阪から来た。
 次郎「オオサカノセキじゃない。ぼくオオサカに行きたい」
オオサカノセキのヒ参照

 「とびこんじゃダメ!」
 でどろどろに練り上げた壁土の山や、ため池に飛び込んだトットちゃんに驚き、
 太郎「これ本当の話?」


 次郎「次はこれをぼくが読む」
 「あかちゃん1.2.3.」
 次郎がまず読み、次に太郎が読む。


 太郎「リトミックしよう」
 「お母さん、人参サラダ作らなくちゃ。先にやってて、終わったら行くから」
 暗誦ノートをとりに来た気配。向うで「礼」の和音が聞こえる。出来るじゃない。
 「お母さんが来なくちゃ始まらないよ」と次郎が呼びに来る。
 「じゃあ、他の事してて」
 暗誦ノートの総復習をしている声が聞こえる。
 太郎「それじゃあ、××を歌いましょう」
 それから、俳句、それから・・・
 太郎が、ノートを持ってやって来て
 「これ、くにやぶれてさんがあり、でしょう?」
 漢文と、読み下し文で、「暗誦できたよノート」書いてある。DSCN2715.jpg

 覚える時に、私のアンチョコにするために書いたので、子どもたちの目に触れても、読んだことはないが、わかったようだ。

 こんな小さな子に漢文なんてやらせて・・・と言われるが、
 まず耳から入れているので、本人達は「カンブンやってる」なんて、思ってもみない。

 それからいつの間にか、二人の会話は、フランス語になっているのが聞こえてくる。うちは兄弟間では、基本的にフランス語は禁止!
 でも子どもって、賢く抜け道を探すもので、「今パパと電話で話してるの」とか、今日は、「フランスの幼稚園ごっこしてるの」

 昼食を食べに帰ってきたパパに、今朝した事をいろいろ話す。
 子ども達と日本語でしたことを、私が夫にフランス語で話すことによって、日仏語の変換を容易にする手助けになる。
 夫にフランス語で
 「次郎は平仮名や数字が読めるようになってきたのよ。」
 次郎、大得意で、日本語の本をパパに読んであげる。平仮名だけなので、読みに関しては、まだ次郎よりパパの方が優勢。でもパパは大げさに褒めてくれ、次郎御満悦。

 次郎にも厚紙で、「覚えて読めたよカード」を作る。

 本を捲って眺めていた次郎
 「恐ろしいから、これ読んで」
 「ごはんをたべない およめさん」
 「お母さんこの仕事が終わったら読んであげる」
 太郎「ぼく、読めるかも」
 「じゃあ、すぐ終わるから、それまで、太郎読んでてあげて。」
 読んでいる太郎。読めるじゃない。何かと、強制でなく読ませる機会を作る。

 鬼は菖蒲や蓬が怖い、という終り。
 太郎「だから、お風呂に入れたよね、ばあばが買ってきて。」
 去年の4月と5月の2ヶ月間、日本に幼稚園留学させた甲斐があったというもの。

「牛若丸と弁慶」
 太郎「稽古って何?」
 「練習すること。千日万日ってやってたでしょ、にほんごであそぼのビデオで。」


じゃんけんあそび
♪林の中から・・・♪

にほんごでおどろ参照


 借りているアパートの壁がボロいので、貼り付け用ゴムで紙を貼り付けると跡が残ったり、ペンキがはげたりしてしまうことに最近気付いた。それで、トイレの壁に貼ってあった片仮名の表をはずす。
 この前聞いた時は、「もういい」と言ってたので確認。
 「もう、片仮名の表は、貼らなくてもいいでしょ」
 太郎「うーん、いる」
 「じゃあ漢字は、なんていう漢字を覚えたい?」
 太郎「根気」
書き順付き片仮名表をつくる。
DSCN2672.jpg

これと書き順付き「根気」を厚紙に貼り、トイレの台の上に置く。


「赤ずきんちゃん」
 いつも赤い頭巾を被っていたのでみんなに赤ずきんちゃんと呼ばれ云々・・・
 太郎「本当はなんていう名前?」

「お魚カルタ」
10枚


ビデオ
「ハイジ」


暗誦
カセットに録音
次郎「雨にもまけず」7割がた成功
太郎「春望」少し忘れている

ビデオ
「にほんごであそぼ」


♪ややこしやー♪
FSCN2689.jpg
相棒は今日はお疲れなので、一人で


「仁義礼智忠信孝悌」FSCN2687.jpg
FSCN2690.jpg
FSCN2694.jpg


♪お舟がぎっちらこ♪

ビデオ
「英語であそぼ」


目の体操、
尻文字

ビデオ
「ドラエモン」




2008.02.25 Mon l 授業日記 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://garapy.blog33.fc2.com/tb.php/113-95df1d9b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。