上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
2008年2月23日 日曜日

天気は曇り。
バカンスが始まり、五日間家に閉じこもっていたので、子供達を外に出さなくては。
往復15kmのサイクリング。

DSCN2416.jpg
最近それほど雨が降っていなくても、水につかっている木々

DSCN2417.jpg

DSCN2420.jpg


DSCN2422.jpg
水門

DSCN2423.jpg
マイエンヌ県は、牛の頭数の方が人口より多いといわれている。

DSCN2424.jpg
水門番の小屋

DSCN2425.jpg
案内所、とあるが、夏には開くのか?

DSCN2426.jpg


DSCN2427.jpg


DSCN2428.jpg
ベルプル水門
水門の上、通行、駐輪・駐車禁止

DSCN2429.jpg
水門の向かいにある、水車小屋

DSCN2430.jpg
この小さな流れもマイエンヌへ注ぐ。

DSCN2431.jpg


DSCN2432.jpg
川を望んで建つ、イタリア様式邸宅

DSCN2433.jpg
枝垂れ柳など、日本の風物のような気がするが・・・

DSCN2422.jpg
次の水門

DSCN2436.jpg
本日の水位

DSCN2437.jpg


DSCN2438.jpg
日の丸が赤かったり、青くなったりする、説明はない。

DSCN2439.jpg
水門を利用して舟が上り下りする仕組み

DSCN2440.jpg
水門各部の名称

DSCN2441.jpg


DSCN2442.jpg
chômageショマージュって失業のことだと思って、川の水門と一体どういう関係が?
と思ったら・・・操業休止

DSCN2445.jpg
水門番の小屋の前で。
カメラを向けると、反射的にこういう顔をしてしまう。

DSCN2447.jpg
変な顔しないで、普通の顔して、というと、こんな顔。

DSCN2448.jpg
後ろの黄色は、水仙。

DSCN2449.jpg
『マイエンヌ川の引き船道』

DSCN2450.jpg
ボワソー水門の水門番小屋

DSCN2453.jpg
水門の向かいの水車小屋

DSCN2454.jpg
いまいち、情報に欠ける道標。実はこの川べりの道は、昔の引き船道。この道を馬が歩き、舟を引っ張って川を溯った。

DSCN2456.jpg
今日の到達点。

DSCN2460.jpg


DSCN2461.jpg
直訳すると、笑いカモメ。日本語ではユリカモメ。

DSCN2462.jpg
鵜。フランスに鵜飼はいない。

太郎が幼稚園で読んでもらった本の題が、Nathan le cormoran et Juliette la mouette
だったので、本物の写真の代わりに。本物もいるはずなのだが、鵜は見かけなかった。カモメは上手に写真が取れなかった。

DSCN2464.jpg
お尻で滑り台しようとしていたが、でこぼこすぎて、うまく滑らない。
えーい、埒が開かない。自分で転がれ!

DSCN2465.jpg


DSCN2466.jpg


DSCN2467.jpg


DSCN2470.jpg
走れ走れ、思いっきり、アパート暮らしは辛いぜ!

DSCN2471.jpg


DSCN2472.jpg
ゴール

DSCN2473.jpg
パパに、ちゅっ

DSCN2479.jpg
もう一回上から走って来たかたのに。

DSCN2483.jpg


DSCN2484.jpg
帰り道、さあ行くぞ!

DSCN2487.jpg
ゴール

DSCN2518.jpg
サイクリングの後、ビデオを見てくつろぐ。
次郎は全然こいでいでないのにね。
2008.02.24 Sun l 写真 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://garapy.blog33.fc2.com/tb.php/111-10c70a90
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。