2008年7月1日 火曜日 良い天気
今日のカレンダーの言葉

いまから
ここから



朝のお仕事
 太郎
 歌詞の穴埋め「かわいいかくれんぼ」 DSCN7146.jpg



次郎
平仮名シール貼り DSCN7147.jpg
 今日は平仮名をばらばらに切らないで、単語のまま渡したら、すぐに全部一人でできた。
リンクの海外で日本語&幼児教育 より拝借。




 交則教習の間違い、午前5問、5問、午後3問、2問。合格ラインは5問間違い。



 教習所の合間に家に戻って食べる私の昼飯は、お茶漬け、糠漬け、縮緬雑魚、梅干。
 初めフランスに来た夏、暑いアヴィニョンで、ホームステイで自炊だった時、お茶漬けが食べたくて、まずいお米を炊いて、水をかけて、オリーブと一緒に食べたのを思い出す。

 漬物と言えば・・・
 フランスのシュークルートが、糠漬けに似て酸っぱく、無性に食べたいときがあった。
 小さい胡瓜のような、コルニションというの酢漬けも、突然どうしても食べたくなるときがある。
 チュニジアではトルシーという漬物が、糠漬けに似ていた。ピクルス同様、酢に漬けるらしい。


 幼稚園の後、太郎と次郎はマチスの家に行って遊ぶ。お母さん曰く、いつも一人で退屈しているので、相手をしなければならないとのこと。一人っ子ってかわいそうだなあと思う時。でも、マチスを見ていて、一人っ子で十分面倒を見てもらっていていいなあ、と思う時もある。習い事も、外出も、小さな弟が足かせにならずに彼本位でできるから、いろいろな能力を最大限に伸ばせる機会が多く与えられる。


読み聞かせ
 太郎に「北極星をみつけてごらん」の続き。難し過ぎて、眺めるだけかと思っていたら、「これまだ終わってないから、最後まで読みたいの。」と太郎。一気に最後まで読むにはこっちが疲れそうなほど内容が濃い。4ページほと読み進める。惑星や月、太陽、地球の間の距離や、光の速さなどの話。
 次郎のリクエストで「キンダーブックじゅにあ えがおがだいすき 8月号」



 雷。
 太郎はわざとおへそを出してみせる。
 
 そして夕立。
 太郎「わーっ!天の消防車が一気に放水だ~


2008.07.01 Tue l 生活日記 l COM(2) TB(0) l top ▲
 高が運転免許如きで大変お騒がせいたしましたが、学科は無事通りました。後は運転の試験を残すのみ。
 この経験を通して、一つ。


 交通の規則が、ちっとも頭に入っていかないので、悔し紛れに、夫に当たる。
 「こんなややこしい規則を作って無理やり覚えさせたって、事故は日本より多いじゃない!」
 規則絡めで、それを覚えなくてはならないのは、フランス語の文法の勉強と良く似ている。フランス人の発想。

 日本と反対のことがたくさんある。
 もちろん、左ハンドル右側通行だから、ギアは反対にあり、左折は対向車に注意。
 対向車同士が左折する時は基本的に、対向車の後ろを曲がる。
 三角マークが義務なのは、500㎏以上の牽引の場合。
 車庫の前は、駐車は禁止だが、停車は許される。
 横断歩道を渡り始める前の人には、道を譲って止まる必要は無い。
 対向車線との区切り、中央線が切れていない方が優先道路、とは限らない。
 何も印の無い交差点は右側優先。十字路の一方に一時停止をつければ事が済むのに・・・
 ロータリーへ入るときは、すでに中の輪を走っている左から来る車が優先。
 月の15日までは道の奇数番地側、16日以降は道の偶数番地側に駐車してよい。変更は15日の20時30分から21時の間。


 本番では、数字を答える問題はは40問中2問しか出なかった。長さ7メートル以上の車は最右車線を走れないというのと、吐く息の中に0.25mg以上のアルコールが検出されて違反ということ。
 いつもの練習ビデオに比べれば楽勝だった。これだけの数字全部覚えるなんて不可能・・・だから、一か八か受けてみるしかない・・・と模擬テストを受ければ受けるほど思っていた矢先、なんだか拍子抜け。


 高々交通の教則の試験如きで、散々文句を言ったり、泣き言を言ったりしたが、合格した今だから言えるが、結局、フランス人と同じ土俵で合格できたという自信がついて、良かったのではないか。


 私の試験前夜に、太郎がパパに言ったそうだ。
 「僕、絶対に車の運転はしたくない」
 パパ「どうして?」
 太郎「だって、試験が難しすぎるもん」
 私が家でCDやインターネットで模擬試験をしていたのだが、その問題を見聞きしてそう思ったのか?それとも、私が「勉強しなくちゃ」とか「邪魔しないで」と、騒ぎすぎたからなのか・・・


 太郎「そんなに運転免許が取れないんだったら日本に行っちゃだめだったのに。」
 「うーん・・・」(はい、ごもっともです。)


 今夜の食卓で、太郎
"On peux faire l'imbecile à table, OUI reponseA , NON reponseB"
(食事中にふざけても良い。「はい」答えA、「いいえ」答えB)
 模擬テストの口調そのままで、パパも苦笑い。
 伝染していた私の緊張と不安も、それほどトラウマにはなっていない様子。


 太郎も次郎も毎日、「運転の試験がんばってね」、と抱きついてチューしてくれる。


2008.07.01 Tue l フランス l COM(0) TB(0) l top ▲
2008年7月2日 水曜日

今日のカレンダーの言葉
つまづいたって
いいじゃないか
人間だもの



朝のお仕事 
道具やプリントをお片付けまでして、終わり、ということを徹底させようと思う。
DSCN7154.jpg

太郎は歌詞の穴埋め。 DSCN7157.jpg


次郎は昨日と同じ平仮名シール貼り。昨日より少し細かく切り分けてみた。 DSCN7156.jpg



読み聞かせ
「北極星を見つけてごらん」 銀河系を中心とした宇宙のすがた (人類の未来を考える本)の続き。

次郎のリクエストで、馬の本を少し読む。フランス語の本だが、日本語で解説やクイズをする。 DSCN7167.jpg


私がとても疲れているので、皆で寝る。
起きてみると雨。



 昼ごはんのデザートに、また、お誕生日でもらってきたお菓子を食べる。結局全部まずいといって捨てるが、チュッパチャップスで太郎が照る照る坊主を作って歌っていたので、CDをかける。
DSCN7158.jpg

よいこの童謡よいこの童謡
(1997/09/20)
塩野雅子、松本知子 他




ぼく、お内裏様。 DSCN7165.jpg



厚削り  10g×5袋厚削り 10g×5袋



 昼食のお蕎麦のために出汁をとった後、そのままおやつに食べてしまった。こんなのが好きなのは私だけかと思ったら、子供たちも奪い合って食べていた。
 いつもは普通の鰹節を使っていたが、これは分厚く削ってあるので、出汁が濃く出て、出汁を取った後も噛み応えと旨味がある。



久しぶりに数のお稽古を出してきた。
DSCN7169-1.jpg
 数字カードを見せて、その数のブロックで示す。始めは簡単な問題から。

 DSCN7171-1.jpg
 今日一番難しかった問題ができたので、先生にハンコウを押してもらう。

DSCN7173-1.jpg
 今日の数のブロックチャンピオンにトロフィー授与。

DSCN7175.jpg
 頂き物の小学校の算数教材が大活躍。




DSCN7153.jpg
 今夜も手抜きで、できあいのパエーリャ。



土曜以来の頭痛で服用中の薬。
DSCN7144.jpg
 服用により眠気など、運転に支障を来たす恐れのある薬には、このマークがついている。レベルが1から3まである。

2008.07.02 Wed l 授業日記 l COM(4) TB(0) l top ▲
2008年7月3日 木曜日 

朝のお仕事
DSCN7178.jpg
 左が次郎のプリント、リンクの海外で日本語&幼児教育より拝借。
 右が太郎のプリント。Leeのきょうざいかんから拝借。



夕方幼稚園から戻って、
三角パズルをしてみた。子育てとモンテッソーリ教育を参考。
DSCN7182.jpg


DSCN7183.jpg


DSCN7185.jpg


DSCN7186.jpg
 同じ大きさの四角ができるにはできたが・・・???「中身をつくらなくちゃいけないんだよねえ」と困る太郎。

DSCN7187.jpg
 「おっできた!」

DSCN7189.jpg


DSCN7188.jpg


DSCN7180.jpg
 「クリスマスツリーを作ろうと思ったのに・・・」と悩む太郎。

DSCN7179.jpg
 フイルムケースでスタンプを押して丸を作った。後は、見本を見ながら・・・

DSCN7190.jpg
 次郎のお友達の名前は?と聞いたら、
 次郎「何でも良いよ。う・ろ・じ。」
 ドッペルゲンガー症候群?




おまけ動画~トンネルだ~昨日の雨の日の運動

2008.07.03 Thu l 授業日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
2008年7月4日 金曜日

朝のお仕事
太郎 歌詞の穴埋め
次郎 平仮名と絵の線結び。DSCN7213.jpg




 子供たちのために、オメオパシーの医者に行く。前とは違う先生。子供への当りも、第一印象はとても好かった。
 前のお医者さんで不満だった点をはっきりと告げる。熱を出して電話をしても連絡がつきにくく、どういう処置をとれば良いかわからないということ。

 診察が終わると、始終感じの良いそのお医者さんは「日本人の血が入った子供に出会えてとても嬉しいです。」と切り出す。「祖父さんは裕仁天皇陛下の家庭教師だったんです。だから、裕仁天皇はフランス語は南部のアクセントがあったんですよ。」

 8月中はバカンスで休業なので、2か月分の薬を処方していただく、。新年度に入ってから、アレルギーの血液検査のことなどを相談しましょう、ということで落ち着いた。


 夫に薬局の前で降ろしてもらい、子供達と薬を買いに行く。店内にはブロックの机があったので、子供達は静かに遊んでいた。じっとはしていないうちの子供達と出かけると、誰かと会話することも、商品を見ることも儘ならないのが常だが、今日はゆっくり店内を見ることができた。


 薬を買って薬局を出たが、幼稚園は午後から行くので、時間はたっぷりある。
 久しぶりに散歩
 レッカー車に四駆を積もうとしてるのに遭遇する。どのように積み込み、固定するか等、一部始終を見学して、出発するまで見送る。

 マイエンヌ川の鴨を間近で観察。太郎が鳴き真似をすると、メスがあちこち首を回して探している様子。他のメスも集まってきた。

 カヌー教室を見学。
 子供五、六人と大人二人のグループが、インストラクターの指示を受けながら水門を通って上流へ。 そして、魚が抜ける分流で小さな段差の上り下りの練習。
 上手くできる子もいれば、なかなかうまくいかない子も、大人もいる。
 太郎に聞くと、「やりたい。どうすればできるの?」
 明日にでも、漕艇クラブに問い合わせに行ってみよう。



DSCN7194.jpg
 東京●幼稚園での作品。真ん中は、一つ目小僧のサーカス!だそうで。

 太郎は蝶結び ができるようになった。 DSCN7195.jpg



 昼食を食べて、午後から稚園へ行く。


 夕方、この幼稚園ともお別れ。
 仲の良かった友達の連絡先をメモして別れる。他の街へ引っ越す訳でもないので、特に感慨もない。


 家に戻り、久々に
お料理
 セモリナ粉を使い切りたいので、
 ニョッキ DSCN7196.jpg

 注意力散漫の太郎には敢えて危険なこともやらせてみる。
 バットをオーブンに入れさせたら、「あちっ」。でも大したことはなかった。
DSCN7197.jpg


 食前の果物、グレープフルーツを切ってもらった。
DSCN7198.jpg
 あれ~?

DSCN7199.jpg
 「まあいいや、しょうがないから」ともう一回切る。

DSCN7201.jpg
 「もう一個切って良いから、今度はどうすればいいか分かる?」と聞くと「ええと、こうなってたんだから・・・」

DSCN7203.jpg
 「こうだ」

DSCN7204.jpg
 「えっ何?」


 グリッシーニの生地を切る。 DSCN7207.jpg


DSCN7210.jpg





2008.07.04 Fri l 授業と生活日記 l COM(2) TB(0) l top ▲
2008年7月5日 土曜日 曇り時々晴れ、強風

朝のお仕事
DSCN7218.jpg




 家の中で、順番に馬になって、馬跳び をした。



生活の基本を見直す意味で、先日、子供と始めたこと。
眼鏡の洗い方と拭き方
お手拭の洗い方、絞り方、干し方。


 久しぶりにカールフールに行って、初めてのものを買ってみた。さて、これは何でしょう? DSCN7221.jpg


 カールフールの近くが、来月引っ越す家と幼稚園・小学校があるので、寄って見てみた。庭に綺麗な遊具があるので遊びたがったが、お肉などが車に入っているので今日はだめ。新学期に自分で買って持っていく学用品のリストが張り出してあった。 DSCN7219.jpg


・青・緑・赤のボールペン。一本ずつ別々のもの。
・鉛筆、消しゴム、削りカス入れ付き鉛筆削り
・のり、はさみ
・20センチの定規
・大型ファイル2冊
・12枚の見出し中仕切り
・1パックのビニールポケット(普通100枚くらい入っている)
・読書のラベルを入れるための蓋付きの箱???何を入れるどのくらいの大きさか分からない???
・色鉛筆と色サインペン
・石版、チョーク、布
・書いて消せるホワイトボードペン
・ゴムバンド付き書類入れ 2枚
・ノート(大きなマス)
・絵の具用の上っ張り
・ティッシュペーパー一箱
・教科書カバーを用意しておくこと。(フランスは教科書は無料貸与。学年末に返却するから、書き込みも不可。どうやって去年の復習をしろというのだろう?)






2008.07.05 Sat l 生活日記 l COM(6) TB(0) l top ▲
2008年7月6日 日曜日 薄曇

朝のお仕事
 太郎は歌詞の穴埋め。
 次郎は同じ形を線で結ぶ。
DSCN7233.jpg



 形をプリントで見たので、磁石で図形パズルをやってみる。
 お手本を見て、まずは三角、そして、小さいピラミッドと大きいピラミッドを作ってみよう。
DSCN7225.jpg


 「あっアルプス作る!」 なるほど、山のおじさんに連れて行ってもらった日本アルプスだね。DSCN7226.jpg

 パパも参加。DSCN7228.jpg



 来月引っ越す家の近所の日曜朝市に行ってみたが、八百屋、チーズ屋、肉屋と蜂蜜屋が、一店舗ずつ出ているだけで失望。
 その向かいの昨日訪れた幼稚園・小学校の庭は閉まっていた。
 風が強く、夏の格好をしていると寒い。


 包装に書いてある通りに、1時間水に漬けておく。
DSCN7230.jpg



 フルフルゼリーを作る。ゆるめの牛乳ゼリー。黒砂糖もしくは、未精製の砂糖casonadeを使い、ヴァニラ砂糖sucre vanilléを入れるのがコツ。今日は太郎の提案でカラメルを下に敷いてみた。


 昨日漸く鉢を買ったので、朝顔、韮、紫蘇、樫の木など移植。 DSCN7238.jpg


DSCN7241.jpg
 パイシートを型抜き、チーズやジャム、チョコでおやつ作り。



 昼寝起きに降っていた雨が上がったので、久々のサイクリングに行く。
 次郎は初っ端に、遠く離れた太郎と私を急いで追いかけようとして、大転倒。歯茎まで傷ついて口の周りが血だらけだったが、ほとんど泣かずに強かったとのこと。「家に戻ろうか」とパパが聞くと、始めたばかりのサイクリングを続けたいと言ったそうだ。
 途中と最後、雨に降られるが合羽を持参していたので大丈夫。




DSCN7242.jpg
 最近しないな~と思っていたら、朝から太郎が出してやっていた。パパも面白がって一緒にした。
DSCN7243.jpg
 録音再生の仕方を次郎に教える太郎。

DSCN7246.jpg
 今度は僕の番。


 太郎がパパとこれも久々に将棋をしている間に、僕達はお料理。

DSCN7248.jpg
 「この中にクルジェットマンがいるの~?」
DSCN7249.jpg
 「パカット開けてみたらいなかった。」
DSCN7253.jpg

DSCN7258.jpg

DSCN7261.jpg


 いよいよ、初の試みに挑戦。 DSCN7239.jpg
 水に漬けて塩抜きした後。
DSCN7265.jpg
 次郎が詰める人。相変わらず中身は独創性溢れる!?材料。豚肉、玉葱、ヒヨコマメ、ズッキーニ。ダイエットソーセージ。
DSCN7268.jpg
 結構時間がかかったけど完成間近。捻って。
DSCN7271.jpg
 できあがり。
DSCN7274.jpg
 焦げ目は美味しそう。
DSCN7277.jpg
 お味はどうかな?プチシェフ、唇の傷が痛々しい。


 今日最後の作品。「スーパー鉄砲。赤いレバーを真ん中にすると電気と毒の光が出る。青いレバーを真ん中にすると止まる。」そうです。 DSCN7279.jpg


2008.07.06 Sun l 授業日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
2008年7月7日 月曜日 曇り時々雨
今日のカレンダーの言葉
ひとの世の幸不幸は
人と人とが逢うことから
はじまる
 よき出逢いを

 慣例になった、訳をすると、「今日は初めて意味がわかった」という夫。表現が直接的だったからかな。いつもは、直訳して全く解らず、意訳すると、「どうしてその文がそういう意味になるのか皆目わからぬ」と笑う夫。



朝のお仕事
 太郎は、あみだくじ。
DSCN7291.jpg


 次郎はいつもの名前探し。
DSCN7292.jpg



 遅ればせながら・・・七夕飾り
 折り紙、切り紙の他、
 太郎は紐結びで、グー結びの練習
 次郎ははさみで紐やりぼんを切る練習になった。
 じれったいのだが、最近、子供達に指先を楽しく使わせるよう、気をつけている。
 DSCN7293.jpg




 こんなゴミ!DSCN7294.jpg
でも喜ぶうちの子達。穴からカードを出して、「いないいない~ばあ」で当てる。使うカードは、今日は、絵と平仮名、平仮名だけなどいろいろ。ゴミも使ってからでないと捨てられない「もったいないばあさん」は、実は私!? 
もったいないばあさんがくるよ! (講談社の創作絵本)もったいないばあさんがくるよ!





 当てたカードはもらえる。(次郎にはおまけしまくり)
 その後は手持ちのカードを仲間輪分け。
 動物達の教室はここで~す。
 果物の部屋はここで~す。
 という具合に。
 やはり、5歳半の太郎と4歳の次郎の、速さは断然違う。



しりとりカードあそび
 リンクの知育カード・絵カード知育あそびより拝借。




お買い物ごっこ
DSCN7281.jpg

 果物カルタはリンクの知育あそび&子育てわあるどより拝借。
 果物はみな、ひとつ100円か50円にした。
 太郎が果物屋さんで、次郎が一人でお買い物に行く。
 太郎に50円が二つでいくら?の計算をさせる。
 始めはわからなかったので、手前の、黄色い10の棒を使って考えさせた。
 次郎は買い物リストを暗記できるようになってきた。みかん2個、栗2個、メロン1個など。
 最後の頃には、太郎は買い物の合計額が出せるようになってきた。


太郎音読
DSCN7289.jpg

DSCN7288.jpg

 私と数頁毎に交代。
ルーピーのだいひこう (グラマトキーののりものどうわ)ルーピーのだいひこう (グラマトキーののりものどうわ)
(2005/09)
ハーディー グラマトキー




 その間に次郎が作ったはしご。
DSCN7286.jpg
 私が読んでいる途中で見せに来たので、またページの始めから読んだら、
 次郎「そこはもう読んだよ。」ですって。君が中断したからなのに。
 やっぱり、子供って、違うことをしていて、ぜんぜん聞いていない振りして、よ~く聞いているのだ。

DSCN7290.jpg




2008.07.07 Mon l 授業日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
 やっぱり、夫がBBCのドキュメントで見たと言うように、私の頭には言語をつかさどる部分が一部分しかないのだ、と、交通の教則の試験勉強をしながらつくづく思った。
 だから、フランス語が入ると日本語の領域が狭まる。と言う訳で、フランス語の試験勉強をしていると、日本語で文章を書くレベルが普段より更に落ちる。隣でフランス語のテレビをつけていられると、どうしても書けない。何度読み直しても、頭にすっと入って来ない。

 それに対して、バイリンガルは、脳の中に、それぞれの言語の領域が分かれてあるそうだ。だから、どちらかがどちらかの犠牲になることは無く、両方発達することが可能なのだろう。

 「いいなー、お母さんも今度は、日本人とフランス人に生まれてきたいなー。君たちは脳ミソが二つあるんだって。だからフランス語も日本語もわかるんだって。パパがテレビで見て教えてくれたのよ。」と、煽てながら、実際羨ましくもある。

 因みにうちの子達に、「ハーフ」とか「バイリンガル」という言葉は使ったことが無いので、彼らはそういう語彙は持たない。


 「次郎は今度生まれる時は、何になりたいの?」と聞くと、
 次郎「うさぎ!」
 太郎「ぼくは、チーター!」
 この志の高さはどうだ。


2008.07.07 Mon l 生活日記 l COM(3) TB(0) l top ▲
お月夜


とんとんとんあけてください
どなたです
わたしゃ木の葉よ とんことり

とんとんとんあけてください
どなたです
わたしゃ風です とんことり

とんとんとんあけてください
どなたです
月のかげです とんことり


北原白秋


リンクのにほんごであそぼふぁんさいと より。


 うちでは、子供を向かい合わせに抱っこして、背中を叩いたり、シャツを開けたり、くすぐったりしながら、私が詩を口ずさみます。

2008.07.08 Tue l 暗誦・音読素材 l COM(0) TB(0) l top ▲
2008年7月8日 火曜日
次郎が昨夜咳で眠れなかったため、パパ以外、みんなで寝坊する。


今日のカレンダーの言葉
そのとき
どう動く



朝のお仕事
次郎も算数の文章題。始め太郎に読んでもらうが、私がもう一度読んであげる。 DSCN7297.jpg
白兎はおしっこしているところ、黒兎はウンチをしているところ、だそうです。

太郎も算数の文章問題。 DSCN7298.jpg
 太郎には難しすぎたので、すぐに作り直す。

DSCN7301.jpg
 これはできた。

DSCN7300.jpg
 間を置いて、同じ問題。今度は一枚の紙に書かせる。


次の問題でまた、悩んでいたので、かずのおけいこセット登場。
DSCN7295.jpg

DSCN7302.jpg
 今日はここまで。よくできました。




太郎のご所望で読み聞かせ
北極星を見つけてごらん 銀河系を中心とした宇宙のすがた を前の続きから数頁。

次郎のご所望で読み聞かせ
がんばれヘラクレス (グラマトキーののりものどうわ)がんばれヘラクレス (グラマトキーののりものどうわ)



著作権などが書いてある表紙の裏を見て、
次郎「これはパパに読んでもらわなくちゃだめだね、フランス語だから。」
「これはフランス語じゃなくて英語なの。この本を書いた人はアメリカ人だから。それで、わたなべしげおが、日本語に直したの、そうしないと日本の子供やお母さんがわからないから。」
次郎「ヘラクレスの顔って、ルーピーの顔と似てるね。」
ルーピーのだいひこう (グラマトキーののりものどうわ)ルーピーのだいひこう (グラマトキーののりものどうわ)




「ルーピーのお話を書いた人は、このヘラクレスを書いたのと同じ人だからね。」
次郎「ヘラクレスって、消防ポンプに乗ってるの?」
引退して博物館に展示されている絵を見て
次郎「ヘラクレス、絶対に降りないんだね。」
「ヘラクレスは乗っているんじゃなくて、この消防ポンプの名前がヘラクレスなの。」
次郎「ボンドでくっついてるの?」

「狼と七匹の子ヤギ」
幼児のためのよみきかせおはなし集〈1〉幼児のためのよみきかせおはなし集〈1〉



より


ビデオ鑑賞
「シュレック」フランス語版



「お月夜」で抱っこ遊び。詳しくはこちら


私と太郎が将棋をしていると、
次郎「夜なのにこんなに明るいなんて見たこと無い!」
私「北だからね」
太郎「それに夏だからね。
次郎「ふんどししていい?」 
「???」
と、持って来たのは、コレ。
いつも、次郎がしたがると、「それは暑い夏にするもの」と言っていたので。
DSCN7308.jpg
 褌はさすがにうちにはない。

DSCN7314.jpg
 もう一枚の腹掛けがどうしても見つからなかったので、御神輿わっしょい!



2008.07.08 Tue l 授業日記 l COM(3) TB(0) l top ▲
2008年7月9日 水曜日 曇り時々晴れ
今日のカレンダーの言葉
やれなかった
やらなかった
どっちかな




朝のお仕事
 太郎は平仮名、カタカナ、漢字、次郎は平仮名の線結び。昨日は難問!?だったので、今日は簡単なものにした。 DSCN7318.jpg




七夕飾りを足した。
太郎はちょうちんを作った。
次郎はお願いを書く気にならない。 
DSCN7329.jpg





でんぐり返しの練習
 太郎は手を付かずに立つことができるので、足を交差させて立ち、振り返って連続でんぐり返しに挑戦中。
 次郎は頭で支える傾向があるので、頭を軽く付くだけの練習。真直ぐに転がる練習。



読み聞かせ  
リンクの福娘
より、「浦島太郎」
 次郎は「それ知ってるよ。東京●幼稚園で読んでもらったよ。箱を開けちゃうんだよ。」
 太郎は知らなかったので、注意深く聞いていた。
 浦島太郎が竜宮城から戻ってきて、馴染みのない風景に驚くと、
太郎「何でか知ってるよ、季節が変わったからだよ」

 お話を聞いた後、次郎が浦島太郎の塗り絵をした。





東京●幼稚園の先生方からいただいた、お別れの言葉
DSCN7326-1.jpg
 「レックス先生の見えないね。」





 先日、幼稚園で、誰かのお誕生日に、ある子がアラビア語でお誕生日の歌を歌ってあげたそうだ。
「太郎も日本語で歌ってあげたの?」
太郎「歌ってって頼まれたけど歌えなかった。」
私も夫もちょっとショックを受けながら、
「どうして?恥ずかしかったの?」
太郎「何ていうのか忘れちゃったの」

 確かにお誕生日の日本語の歌詞はあまり馴染みが無い。
 それに加えて、フランス語話者に取り囲まれた中でただ一人、日本語モードに切り替えるのは難しいのだと思う。
 逆もまた然り。日本でみんなに、「○○ってフランス語で何ていうの?」と聞かれても、間髪入れずに、答えることは難しいのだと思う。
 私も、小学校2年生の時、大阪から東京に転校してきて、「大阪弁しゃべってみてー」とよく言われたけど、相手がいなくて言葉が出なかった覚えがある。大阪の学校ではみんなと普通に大阪弁をしゃべっていたのに。





おまけ動画~ちょうちんお化け?

2008.07.09 Wed l 授業日記 l COM(2) TB(0) l top ▲
2008年7月10日 木曜日 曇り時々霧雨
 今日のカレンダーの言葉
 トマトがトマトであるかぎり
 それはほんもの
 トマトをメロンに見せようとするから
 にせものとなる



朝のお仕事
 太郎は絵・平仮名・漢字の線結び。
 次郎は平仮名と絵の線結び。線を結んでから、次郎に読んでもらい答え合わせ。
 ポケモンあいうえおで押してみたら?と誘うと、やっていた。 DSCN7338.jpg




読み聞かせ
 次郎の御所望で、昨日の続き。
がんばれヘラクレス (グラマトキーののりものどうわ)がんばれヘラクレス (グラマトキーののりものどうわ)

ハーディー グラマトキー


 太郎の御所望で北極星を見つけてごらん 銀河系を中心とした宇宙のすがた (人類の未来を考える本)の続き。



昼食前のグレープフルーツを
次郎が包丁で半分に切る。向きを間違えずに上手に切ることができた。
太郎がギザギザスプーンで実を刳り出す。どうかなと思ったが、ちゃんとできた。 DSCN7331.jpg



お料理
夕飯のズッキーニを切る次郎。厚みにも気を使っていた。 DSCN7335.jpg




浦島太郎の共同塗り絵、完成。 DSCN7337.jpg




お買い物ごっこ 
 今日は鯖の大安売り。1尾20円! DSCN7340.jpg





 太郎と一緒に、広告の紙でつくし(東京●幼稚園の時間外保育)の、おやつ箱を作った。作り方はこちら。最近出遭った、素敵なアイディア満載のサイト。




 磁石パズル、折り紙、切り紙などをして遊ぶ他、二人はこんなこともしていた。穴から釣り糸を垂れて、ワカサギ釣り?
 DSCN7341.jpg



2008.07.10 Thu l 授業日記 l COM(3) TB(0) l top ▲