上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
2008年4月23日 水曜日

朝の勉強
 線結びと同じ要領で、カルタの絵と文を合わせる。DSCN4918.jpg
 その後カルタ取り。絵札専門と字札専門に分かれる。


音読
太郎
「アメンボ赤いなあいうえお」  リンク 「なつかしい童謡・唱歌・わらべ歌・寮歌・民謡・歌謡」 より拝借。「五十音」北原白秋 DSCN4934.jpg

次郎
「雨ニモマケズ」



 「野菜でぺったん」がいつの間にかお手手でぺったん。 
やさいでぺったん―わいわいあそび (かがくのとも傑作集)やさいでぺったん―わいわいあそび (かがくのとも傑作集)
(1993/06)
よしだ きみまろ


 DSCN4962.jpg
  
DSCN4963.jpg

 いつもボーっとしているようでも、さすがに太郎はお兄ちゃん。一人で作品を仕上げた。 DSCN4965.jpg





 スープ用の野菜を切る太郎。
 DSCN4952.jpg





おやつのクッキー作り
 チュニジアから持ってきたデュラム・セモリナ全粒粉を早く使い切りたい。blé dur という植物から作った粉がfarine forte 強力粉だと思い違いをして、パン作りのために買い込んでしまった。
DSCN4954.jpg

DSCN4977.jpg




 久々の良い天気、庭で遊ばせる。 DSCN4973.jpg
 
 大雨で流れてきて引っかかったままの木から、枝が伸びて葉が出る。 DSCN4974.jpg



 昨日の「魔女のスープ」に引き続き、今日は「魔女のソース」

 黒いソースsauce noireソース・ノワールと言われる。チュニジアで知った味。 ウィキペディア モロヘイヤを見たら、種は猛毒らしい。
 チュニジアでは元旦に食べると、緑色に因んで、その一年が幸せな年になる。緑は他所では嫉妬の色ではかったか?
 チュニジアでは給食にも出る。子供も結構好き。

 チュニジアの正式な調理法は唐辛子を入れて、牛肉の塊を中で煮込む。
 私は子供も食べるので、ニンニクだけ入れる。肉は入れない。
 健康野菜モロヘイヤは日本ではブームだったらしいが、私は実際の葉っぱを見たことも食べたことも無い。 DSCN4966.jpg
 モロヘイヤの粉末。フランスではアジアショップで安く手に入る。
DSCN4969.jpg
 オリーブ油1カップ、水1カップを加えて半日煮続ける。チュニジア料理は殆ど全て、オリーブ油を湯水のように使う。料理の度に一鍋にカップ一杯。オリーブの実の収穫後、絞りたてのオリーブ油を、田舎の生産者宅に出向いて、石油を入れるような一斗缶幾つで、一年分買う。スーパーのビン詰めを買うのは外人だけ。それほど油が入っている料理なので少量食べても満足感がある。

 このソース・ノワール、チュニジアだけでなく、アフリカの料理らしい。 
 半日くつくつ煮ている間も、抹茶の匂い。帰った来た夫が、マンションの廊下までモロヘイヤの匂いがしてた、と言う。 DSCN4986.jpg

 チュニジアで抹茶の粉を見つけた家政婦のアスマが「これは絶対モロヘイヤ以外の何物でもない」と断言していた。
 日本ではやはりサプリメント系? 
モロヘイヤ 360粒モロヘイヤ 360粒


 黒々とした油が分離してきたら出来上がり。
DSCN4989.jpg
 パンにソースをつけていただくが、何しろ油が多いのでたくさんは食べられない。


 昨日の魔女スープの原料、セイヨウイラクサ、ネトル。 DSCN4970.jpg


 その日の気分で何でも放り込んでしまう自家製パン。今日は残りご飯と、チュニジアのbsissaブシサと日本のすり胡麻、バイオショップで買ったgerme de blé小麦胚芽など。DSCN4971.jpg
  ブシサという粉は、オリーブ油少々と水で練って食べるもの。なんとなくはったい粉(麦こがしは大好きなので)みたいなものかなーと思って試食したが、先入観は別としても、「結構です」という感じ。
 原料は麦・ヒヨコマメ・レンズマメ・胡麻・砂糖・マジョラム・アニス・香菜・フェンネルなど。私はスーパーで出来合いの小袋入りを買ったが、本来は、各家庭が原料を粉挽き屋に持って行って、好きな配合で挽いてもらうらしい。



読み聞かせ
「かたつむり長者」
「狼と七匹の子ヤギ」
「不思議なガチョウ」
「長靴をはいた猫」
「金太郎」
「かちかち山」
「おやゆびひめ」



 表の前に座り込み、漢字クイズDSCN4981.jpg
  次郎に「空」の漢字を読ませるためにヒントを出していた太郎。
 「地面と天の真ん中」
 そうか~天と地の間に空があると思っているのか。天国ならparadisだが、天という観念にぴったりはまるフランス語は無いから、このヒントを訳すのは難しいな。


 夫が出張でRennesレンヌを回って買ってきてくれた、イタリア産の日本米。我が家の主食。
 次郎が「出る」があった!と言いに来たので、
 「全部知っている字だから読んでごらん」
 次郎「出・の・日」
 この子も反対から読むのか~
DSCN4983.jpg
 このローマ字が何故ShinodeとSがついてしまうのか謎であった。広島を訪れた時に、フランス語の観光案内パンフレットをもらって、やはり、ShiroshimaとSが余計につけてあった。フランス人はHの音、はひふへほの発音ができないので、「いので」よりは「しので」、「いろしま」よりは「しろしま」の方がマシ、という配慮だろうと推察。


「百人一首」で坊主めくり
 下の句だけの取り札も混ぜてみた。全部読まないうちにめくった人は負けという規則で、私が読むのを聞かざるをえない。




太郎音読「かっぱわくわく」

DSCN4980.jpg
 赤い眼鏡とチュニジア帽chéchiaシェシアがマッチ。


おまけ動画~次郎の「雨ニモマケズ」

 
スポンサーサイト
2008.04.23 Wed l 授業と生活日記 l COM(3) TB(0) l top ▲
2008年4月28日 月曜日

朝の勉強

次郎
平仮名+漢字と絵の線結び。2枚

太郎
漢字混じり文と絵の線結び。
歌詞並べ・・・「うれしいひなまつり」の1番


DSCN5569.jpg
 赤くて丸いタイプのはつか大根。



 春のバカンスが終わり、また新学期開始だが、幼稚園へ連続三日間行って、木曜からまた休み。来週も同じ。普通は水曜は休みだが、金曜を休みにするために水曜を振り替え登校とする。会社もそうするところが多い。
 「Faire le pontフェール・ル・ポン、橋を架ける」と言って、休日に挟まれたところを休みにする、オセロみたいなシステム。今週は木曜がメーデー、来週はまた木曜が勝戦記念日。
 祭日が日曜と重なって、振り替え休日、というシステムは無い。


 フランスは、基本的な祝・祭日は日本より少ない。
 日曜日が祭日とされていることも多い。キリスト教関係の祭日は多く日曜にあたり、翌日月曜が休み。振り替えというわけではないと思う。
 その他、元旦、メーデー、勝戦記念日、停戦記念日、革命記念日(パリ祭)など。
 合計、日曜以外の祭日は10日くらい。意外な感じだが。
 そしてヨーロッパは大体、似たようなもの。手帳やカレンダーを買うとヨーロッパの主要国の祭日が全部その日付のところに記されていて、良く見れば物知りになるかも知れないが、一目でわかりづらく不便だ。
 フランスに住み始めた頃は、普通のフランスのカレンダーが欲しいと切望したが、今ではもうどうでもいいやと投げやりな感じ。 
 移動祭日が多いし、週に番号がついてたりして、カレンダーの構成自体がが本当に変わっている。 カレンダーの詳しい話はまた今度。

 以前、チュニジアで友達になったムルチアニに聞いたが、インドネシアは、宗教省のようなお役所があり、全ての宗教が保護されていて、キリスト教、イスラム教、仏教の祭日があるから、祭日が実に多い。中国共産党に対する警戒だと言っていた。





 朝、幼稚園へ送っていったらやっぱり雨。一昨日の殆ど夏のような天気は儚い夢だった。でも週末に晴天が当たって本当によかった。ニュースを見ると、海岸で水着で過ごす人々もいたり、フランス中夏の陽気だったようだ。ヨーロッパ人は天気がいいとやたら肌を出したがる。そのくせ焼けないのだから、妬けてしまう。

 ふたりとも眼鏡をして幼稚園へ行くのは今日が初めて。先生やアシスタントに気をつけていただくようお願いしてきたが、どうなることやら。次郎は外して床に置いてしまうことが多い。セーターの中に入れてはいるが、眼鏡を止める紐が後ろに垂れているので、どこかに引っかかったり、友達に引っ張られたりしないといいのだが。
 ステファン先生は研修のため、代行の若い男の先生がいた。存在そのものもぼやーっとしていて挨拶をし損ねそうだった。受け答えも、なんとも頼りなさそう。
 すれ違った校長先生は、「書類提出しましたか?うまく行くといいですね」。と挨拶代わりに、尋ねてくださった。バカンス直前に書類騒ぎがあったからだ。この話はまた今度。

 
 夕方子供たちを迎えに行き、家に戻って、一緒にリサイクル塵を捨てに行く。
 絵の具で少し遊ぶ。
 「のりものかるた」太郎が読んで次郎がとる。
DSCN5568.jpg


 
2008.04.28 Mon l 授業と生活日記 l COM(2) TB(0) l top ▲
2008年5月2日 金曜日

朝の勉強
いつもの、漢字やカタカナの絵合わせの後、太郎は、算数の文章問題に挑戦してみた。よくできて本人も満足。
じろうはひらがなと絵の線結び。

太郎音読
昨日と同じ「ぶんぶくちゃがま」昨日と違うページを1頁毎に私と交代で読む。

DSCN5902.jpg
こいのぼりをベランダに飾る。 

DSCN5905.jpg
 こんな遊びをしていた太郎と次郎。

家のパソコンがまたウイルスにやられたようで、ブログは難航。
2008.05.03 Sat l 授業と生活日記 l COM(2) TB(0) l top ▲
2008年5月6日 火曜日

朝の勉強
「がぎぐげごのうた」まどみちお
リンクの徒然なるまま かきまくれっ!より拝借。
私が読んで、太郎と次郎に最後の節を言ってもらう。


次郎 
海の動物の名札を見つけてあげてね。
名札が波で流されちゃったよ。
泳ぐのが上手な次郎君が名札を拾って届けてあげてね。
名札を見つけてもらった動物は、幼稚園に来た順番に黒板の下に名札を下げよう。
一番は誰かな?
みんなが名札をかけたら、一番から誰か言ってみよう。
教材は海外で日本語&幼児教育 より拝借。 DSCN6214.jpg



太郎
朝ごはんの語彙。平仮名と片仮名・漢字のカルタ。 勉強しよう!Leeのきょうざいかんより拝借。  DSCN6217.jpg





 「すぐに覚えたことはすぐに忘れる」、という私の先入観があるので、うちは螺旋状に同じことを手を変え品を変え、時間をかけて自然定着を狙う。





日本一時帰国への願い

 夫が「日本の幼稚園も漢字を習うの?」と聞くので、「やる所もあるけど、普通はやらない。」と答える私。
 日本の幼稚園で子供たちに体験してもらいたいのは、プリントやカルタでできるお勉強の知識ではない。生の日本を体で感じてもらうこと。口で説明できないこと。しまじろうの幼稚園体験ビデオを見てもわからないこと。日本の行事の本を見てもわからないこと、だ。
 子供のときの肌身で感じた体験は何にも代えられない。
 しかも、彼らはフランス人だけど、正真正銘日本人なのだし。
 外人の目で見た日本。外人の目で見たフランス。日本人とフランス人の目で見た、日本とフランス。
 そんな小さな経験の積み重ねが、自己の確立に役立たってくれれば。
 こういう繰り返しが、世界に向かう広い視野を育てる助けになれば、と願う母である。

 子供たちも、猫の額より狭いばあばのアパートに居候させてもらう日を、指折り数えて楽しみにしている。
 太郎「かえる公園で遊びたい。」




朝ごはんの語彙のカルタをして、反省する母。
太郎「エーこんなものを朝ごはんに食べるの?」
漬物。
「昔の日本人はね。今は日本でもフランスみたいにパンとコーヒーしか食べない人がたくさんいるのよ。」
「日本に住みたい、だって世界一長生きしたいから。」といつも言っている太郎。
「日本に住んだからって長生きするとは限らないわよ。日本人のように食べると長生きするのかもしれないわね。でも、フランス人も日本人の次に長生きだから、君たちは絶対に世界一長生きするから大丈夫よ。」と安心させる。
それを聞いて喜ぶ太郎。

変わった子供だなあ、長生きしたいなんて、と思う私。

太郎がよく言うのは、「小さい子の方が幸せだよ、後まで生きられるから」。

「日本に住んでもフランスに住んでも、しっかり朝ごはんを食べて、好き嫌いせずにバランスよく食べれば長生きできるわよ。」

実際の我が家は
朝はフランス式でパンまたはシリアルと飲み物。
夜もフランス式でスープとサラダ。
大人は炭水化物の代わりに豆を食べておなかを満たすダイエット法を常に持続。

最近ヒヨコマメが手に入らないので、白いんげんとレンズマメの交互。
夫曰く、うちが世界中のヒヨコマメを消費し尽くしたんだ。

あんこの入った手作りもちもちケーキをいただいて、一口食べた次郎
「ぼくいらない、だってレンズ豆が入ってるんだよ」
太郎と私は争って食べるほど美味しかった。ごちそうさま。



明日の昼で、ここの幼稚園とも暫しの別れ。

DSCN6236.jpg
 幼稚園に通う道。

DSCN6237.jpg
 次郎の幼稚園の建物。

DSCN6238.jpg
 次郎の幼稚園の庭の、マロニエの木。

DSCN6240.jpg
 幼稚園と小学校がある、地方議会の敷地の庭。

DSCN6241.jpg


DSCN6243.jpg
 遠くに見える、緑のおばさん、もとい、黄色のマダム。朝夕子供の安全を守ってくれる。

DSCN6244.jpg


DSCN6247.jpg


DSCN6248.jpg
 マンションの吹き抜けの植え込み。ハナミズキ?

DSCN6250.jpg
 あおいもみじも葉叢が美しい。秋が楽しみ。

DSCN6252.jpg
 水門番のおばさん、もとい、マダム。

自転車をしたり、庭に出てきたマチスと遊んだり。
良い天気で、夏のように暑く、日陰を求める人、はたまた焼く人。ノースリーブの人も多い。




おまけ動画~コーコケコッコ夜が明けた



2008.05.06 Tue l 授業と生活日記 l COM(2) TB(0) l top ▲
2008年7月4日 金曜日

朝のお仕事
太郎 歌詞の穴埋め
次郎 平仮名と絵の線結び。DSCN7213.jpg




 子供たちのために、オメオパシーの医者に行く。前とは違う先生。子供への当りも、第一印象はとても好かった。
 前のお医者さんで不満だった点をはっきりと告げる。熱を出して電話をしても連絡がつきにくく、どういう処置をとれば良いかわからないということ。

 診察が終わると、始終感じの良いそのお医者さんは「日本人の血が入った子供に出会えてとても嬉しいです。」と切り出す。「祖父さんは裕仁天皇陛下の家庭教師だったんです。だから、裕仁天皇はフランス語は南部のアクセントがあったんですよ。」

 8月中はバカンスで休業なので、2か月分の薬を処方していただく、。新年度に入ってから、アレルギーの血液検査のことなどを相談しましょう、ということで落ち着いた。


 夫に薬局の前で降ろしてもらい、子供達と薬を買いに行く。店内にはブロックの机があったので、子供達は静かに遊んでいた。じっとはしていないうちの子供達と出かけると、誰かと会話することも、商品を見ることも儘ならないのが常だが、今日はゆっくり店内を見ることができた。


 薬を買って薬局を出たが、幼稚園は午後から行くので、時間はたっぷりある。
 久しぶりに散歩
 レッカー車に四駆を積もうとしてるのに遭遇する。どのように積み込み、固定するか等、一部始終を見学して、出発するまで見送る。

 マイエンヌ川の鴨を間近で観察。太郎が鳴き真似をすると、メスがあちこち首を回して探している様子。他のメスも集まってきた。

 カヌー教室を見学。
 子供五、六人と大人二人のグループが、インストラクターの指示を受けながら水門を通って上流へ。 そして、魚が抜ける分流で小さな段差の上り下りの練習。
 上手くできる子もいれば、なかなかうまくいかない子も、大人もいる。
 太郎に聞くと、「やりたい。どうすればできるの?」
 明日にでも、漕艇クラブに問い合わせに行ってみよう。



DSCN7194.jpg
 東京●幼稚園での作品。真ん中は、一つ目小僧のサーカス!だそうで。

 太郎は蝶結び ができるようになった。 DSCN7195.jpg



 昼食を食べて、午後から稚園へ行く。


 夕方、この幼稚園ともお別れ。
 仲の良かった友達の連絡先をメモして別れる。他の街へ引っ越す訳でもないので、特に感慨もない。


 家に戻り、久々に
お料理
 セモリナ粉を使い切りたいので、
 ニョッキ DSCN7196.jpg

 注意力散漫の太郎には敢えて危険なこともやらせてみる。
 バットをオーブンに入れさせたら、「あちっ」。でも大したことはなかった。
DSCN7197.jpg


 食前の果物、グレープフルーツを切ってもらった。
DSCN7198.jpg
 あれ~?

DSCN7199.jpg
 「まあいいや、しょうがないから」ともう一回切る。

DSCN7201.jpg
 「もう一個切って良いから、今度はどうすればいいか分かる?」と聞くと「ええと、こうなってたんだから・・・」

DSCN7203.jpg
 「こうだ」

DSCN7204.jpg
 「えっ何?」


 グリッシーニの生地を切る。 DSCN7207.jpg


DSCN7210.jpg





2008.07.04 Fri l 授業と生活日記 l COM(2) TB(0) l top ▲
2007年7月15日 火曜日 晴れ

朝の勉強
 次郎は「プリントの方が良い」と言うので、歌詞の穴埋め。
 私がゆっくり字を追いながら一緒に歌う。
 次郎が言った言葉を私が書き入れる。 DSCN7860.jpg



 太郎は漢字カルタ。
 私が読んで太郎が取る。
 最後に、一人で神経衰弱。行、言、書、示、など。 DSCN7859.jpg




 昨日したことを、絵に描かせる。
 次郎は上手く描けないと言うので、お話をしてもらう。


読み聞かせ
 太郎のリクエストで、北極星を見つけてごらん 銀河系を中心とした宇宙のすがた (人類の未来を考える本)を、続きから最後まで。



 目隠しもせず、変な顔を作っては笑い転げる二人。 DSCN7863.jpg


 太郎が本当にやりたかったのはすごろく。 DSCN7869.jpg



 昨日深夜まで起きていたので、昼寝から起きるのは辛かった。


 自転車で中心街まで行き、歩きで坂の上の運動療法士のところへ行く。
 次郎の肺に巣食っている痰を除去するため。
 二人とも良く注意を聞いて、気をつけ安全運転ができるようになってきたので、安心した。


2008.07.15 Tue l 授業と生活日記 l COM(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。