海外で幼児・子供の日本語教育「カンガルーレッスン」は、開設以来、世界中の皆様からご好評をいただいております。

 零歳からの話しかけで既に成果が見られたという喜びの声も聞かせていただきました。

 一人でも多くの日本人とその他の国籍のダブル言語・文化を身に着けたの子供が育ち、日本の未来、そして世界の未来をよりよく、世界平和に貢献してくれたらと願ってやみません。

 なお、続きのブログフランスで日本語教育ママ
 その後のブログバイリンガル兄弟その後
 太郎のブログフランス人の日記
 次郎のブログフランスってどんな国?
 これらを通して、太郎次郎のその後の成長の様子などもお知らせできるお思いますので、引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。
2015.03.29 Sun l 思い出の切れ端 l COM(3) TB(0) l top ▲

コメント

No title
お返事、ありがとうございます!
「こんな親子でよかったと自分が満足できる選択」ができれば、理想です。
いつか振り返ってそう思えるように、その都度立ち止まって迷いつつ選択していくしかないのでしょうね、きっと。
とりあえず、初回の授業を終えた記録を「おやこまめ」の方に上げてみました。自分では面白くてたまらない路線です。

そちらの国語教室は、かなりの年齢差があるのに上手に活動をまとめてらっしゃいますね。
勉強熱心な親子さんが多いようにお見受けします。

大学でも教えてらっしゃるそうで(!)、多忙を極めておられると思いますが、いつか交流できる日が来ますように…との願いは捨ててませんよ!(笑)
2015.04.07 Tue l おまめ. URL l 編集
Re: お久しぶりです
おおお、おまめさん、ご無沙汰です。
お元気でしたか?
日本語教育やっているといろいろありますよね。
なかなか、同じ目標を持った人には巡り会わないので、いっそ一人で良かったんだなと、思うような時も正直ありました。
今では、太郎や次郎よりは歳が下ですが、みな同じ目標の人だけが毎週一回集まって、日本語を勉強したり、太鼓をしたり、阿波踊りにソーラン節、楽しく色々やっています。
おまめさんの身近にも、同じ目標のお子さんが一人でもこまめちゃんやごまめちゃんのお友達でいてくれたら、それで十分かもしれません。でもその一人もなかなか、難しいのでしょうね。
結局、自分の子供の責任は他人さまはとってくれないので、自分で思う道を進むしかないのですよね。人から何と言われようとも。
こんな親子でよかったと自分が満足できる選択をすると、他からいろんなことも言われたりします。でも、自分が幸せでなくて子供を幸せにはできないだろうな、と私自身は思ったので、他人と自分との距離がふっきれました。
おまめさんはもっと賢い道を見つけられると思います。私はこんな感じでしたが。
応援してます、頑張ってくださいね!


2015.03.31 Tue l garapy. URL l 編集
お久しぶりです
ご無沙汰してます。
諸事情でしばらく見れてなかったのですが、その間にこんな素晴らしい発展をされてたんですね。脱帽&感服です!
太郎くん次郎くんもいつの間にやらもう10代ですか…!
幼い頃から生活習慣含め基礎をしっかり積み重ねてこられただけあって、頼もしいお兄ちゃん達に成長されましたね。

最近、こちらの地元の学習グループにて方針の相違をめぐるギクシャクに遭遇し、どうやって乗りこえたものか、とちょっと考え込んでいるところなのです。
リンクも含め、改めて色々読ませていただいて、私ももっといろんなやり方を勉強しなくちゃ!という気になり、なんだか力がわいてきました。
多くのことを共有して下さり、本当にありがとうございます!
2015.03.31 Tue l おまめ. URL l 編集

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://garapy.blog33.fc2.com/tb.php/514-94c96458
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)